ニュース
» 2018年05月12日 07時30分 公開

「自己評価が低い人」の心理を「ボールの飛距離=自分の力」で表した漫画に「分かる」「完全に自分」の声

わかりみ。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 自己評価が低い人の心理を描いた漫画がTwitterに投稿され、分かる! と反響を呼んでいます。


 デザイナーでイラストレーターのすぴかあやか(@spicagraph)さんが「自己評価が低いひとのめんどくさい心模様」と題して投稿したもので、“ボールの飛距離”という概念を通してやや抽象的に自己評価をめぐる心理を描いています。

「自己評価が低い人」の心理を「ボールの飛距離(自分の力)」で表した漫画に「分かる」「完全に自分」の声

 漫画ではまず、自己評価が高い人は自分が投げたボールの飛距離=自分の力が分かっていると定義。逆に自己評価が低い人はそもそもボールが見えていない状態だとしています。

 しかしボールが見えていなくても、ボールを投げた先に“壁”があればボールは跳ね返ってきます。“跳ね返り”とは仕事や趣味における周囲の評価の例えで、ボールが手元に「バシッ」っと戻ってきた手応えによって、自己評価が低い人でも自分の力を知覚することができるのです。

 漫画ではこうした“ボール”や“壁”が存在する空間を元に、自己評価が低い人が陥りがちな思考のワナについて、数パターン描いています。


壁を疑ってしまう

 自己評価が低い人でも、周囲が認めてくれるようになると次第に学業や仕事が楽しくなってくるものです。漫画でも、ボールを壁に投げるのが楽しくなってきた主人公はどんどん笑顔でボールを壁に向かって投げるようになってきます。ところがそんな折、“へこむ出来事”が頭上に「ガンッ」と直撃。「もしかしてこの壁が凄かったのでは…?」と、一気に自信を失い、疑心暗鬼に陥ってしまいます。

「自己評価が低い人」の心理を「ボールの飛距離(自分の力)」で表した漫画に「分かる」「完全に自分」の声

 壁の有無にかかわらずボールの飛距離を知っている=自己評価が高い人と違い、自己評価が低い人は壁からの反響(周囲の評価)に依存しがち。ちょっとしたことでせっかくの自信が揺らいでしまうのは非常に共感できます。


自分ではなくボールの方に価値があると思い込む

 へこむ出来事にもめげず、再びボール投げに精を出す主人公。そこへ、壁とは違う方向から来た人が「すてきですね」と声をかけてくれます。これには主人公も高揚を隠せません。「ああ、これね!!」とボールを手で持ちニッコリ。しかしここにもワナが潜んでいました。褒められたのは自分自身ではなく、ボールの方だと認識してしまっている主人公。これでは褒められても、自己評価が高まるとは限らないのです。

「自己評価が低い人」の心理を「ボールの飛距離(自分の力)」で表した漫画に「分かる」「完全に自分」の声

 漫画の欄外では「※ボールが体やお金の場合メンヘラコースへ」とも。容姿や収入への評価は必ずしも内面的な自己肯定にはつながらないため、そこに依存してしまうのも確かに危険かもしれません。


褒められても信じない

 ボールを褒められ上機嫌な主人公は、「わたしにはこれしかないや」と、ボールを壁に投げ続けます。ところがまたもや先ほどの通行人が「あなたはそのままですてきですよ」と、言葉を投げかけてきます。素直な賛辞で、通常であれば喜ばしいことです。ところが自己評価が低い人である主人公は「このひと大丈夫…?」と、褒めてくれた人を完全に奇異の目で見つめ返してしまうのでした。

「自己評価が低い人」の心理を「ボールの飛距離(自分の力)」で表した漫画に「分かる」「完全に自分」の声

 いきなりお世辞を言われても、単なるお世辞か裏の意図でもあるのではと、むしろ疑ってかかってしまうの、よく分かります……。


 こうしたマイナス思考あるあるを集めた漫画に対し、Twitterでは「完全に自分」「わかります…!」「私の場合『そのままでステキですよ』と言われると『そのままってどういうことだろう』ってなるんです」「逆に自己評価高い人の心理状態が知りたい」といった声が。

 また、一部には比喩表現が理解しきれなかったという声もあり、それに答えるため作品内容の解説を試みるツイートもいくつか投稿されています。この記事での解説も、漫画のいち読者である筆者の目を通したものにすぎません。ボールと自己評価について漫画を読んで考えてみることで、日々をより楽しく生きるヒントが得られるかもしれません。

画像提供:すぴかあやか(@spicagraph)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声