コラム
» 2018年06月09日 11時30分 公開

かつて“2より小さい数字が打てないキーボード”が存在した理由

生年月日もまともに打てないぞ……。

[ねとらぼ]

 QWERTY配列とは、PCのキーボードなどに採用されている文字盤の並び。その元祖はタイプライターにあるといわれていますが、どういうわけか、2より小さい数字が打てない仕様になっていたとか。今回はキーボードの雑学をご紹介。

かつて“2より小さい数字が打てないキーボード”が存在した理由

 QWERTY配列を考案したのは、19世紀米国のクリストファー・レイサム・ショールズ(Christopher Latham Sholes)氏。彼が特許を申請した「Sholes and Glidden typewriter」(1874年発売)には、現在のキーボードによく似た配列が使われています。


ショールズ氏の取得した特許の一部


現在のキーボードの配列によく似ていますが、数字は2〜9までしか打てません(特許資料より)


現在のキーボード。当然、「2」の前には「1」があります

 しかし、よく見てみると、アルファベットの位置が微妙に違ったり、キーが少なく記号があまり使えなかったりと違う点も。現代人が特に戸惑うのは、キーボード上部に配置された数字のキーが、2から始まることではないでしょうか。

 これだと「0」「1」を打つことができないのですが、当時の人たちは、代わりに似た形のアルファベット「O(オー)」「I(アイ)」を使うことで何とかしていたようです。数年後に発売された後継機には大文字、小文字の切り替え機能が搭載されましたが、やはり「0」「1」は打てないまま。

 ちなみに、この2つのタイプライターは、商業的に成功した最初の製品なんだとか。「普通に数字が打てる」というのは現在では当たり前のことですが、発売当時はタイプライターの黎明期だったこともあり、そこまで重視されていなかったのかもしれません。


左:「Sholes and Glidden typewriter」の写真、右:「Scientific American」誌(1872年)に掲載された、同タイプライターの絵(ともにWikipediaより)

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」