コラム
» 2018年06月14日 12時30分 公開

エヴァ監督・庵野秀明は小惑星になれたのに、ポンジュースは“幻の小惑星”に終わった理由

空の向こうには「庵野秀明」や愛媛名物「じゃこ天」があります。でも、「ポンジュース」はないのです。

[ねとらぼ]

 小惑星には神話や人名、地名などに由来した、変わった名前がつけられることがあります。数年前には、魚のすり身を使った愛媛県・宇和島名物「じゃこ天」の名を冠した小惑星が誕生し、天体なのに「おいしそう」と話題になりました(関連記事)。

 ですが、「小惑星にはどんな名前でもつけられるのか」というと、そうではありません。今回は幻の小惑星「ポンジュース」をご紹介します。


小惑星にはなれなかった「ポンジュース」(えひめ飲料Webサイトより)

幻の小惑星「ポンジュース」

 久万高原天体観測館(愛媛県)は、小惑星に一風変わった名前をつける天文施設。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」などを手掛けた庵野秀明監督の名前を持つ小惑星「Hideakianno」などで知られています。また、愛媛県に関連した言葉を使うことも多く、小惑星「じゃこ天(Jakoten)」もここから誕生しました。


これが小惑星になりました

 小惑星を命名するには天文関係の組織に申請を行う必要があるのですが、2013年にこの「じゃこ天」を申請するとき、合わせて「ポンジュース」の申請も行っていたとのこと。しかし、「商業的な性質の名称は認められない」と命名ガイドラインに定められており、「ポンジュース」は却下されてしまったそうです。

 このとき、どういうわけか特定の商品名ではない「じゃこ天」までまとめてNGになってしまい、久万高原天体観測館は再申請を行うことに。このような経緯から、「じゃこ天」はようやく2015年に認定されたといいます。


小惑星「Jakoten」小惑星センターWebサイトより)


小惑星センターWebサイトでは「じゃこ天」の軌道も確認できます

 ところで、じゃこ天は、伊達政宗の長男・秀宗が仙台のかまぼこ職人を、宇和島に連れていった(1615年)ことで生まれた食べ物といわれており、2015年はちょうどその400周年にあたります。

 もしも「ポンジュース」の申請がうまくいき、「じゃこ天」の再申請が行われなかったら――。過去に「if」はありませんが、とにもかくにもご飯にもお酒に合う愛媛名物は、記念すべき年に地球を超える存在になることができたのでした。めでたし、めでたし。

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙