コラム
» 2018年06月14日 12時30分 公開

エヴァ監督・庵野秀明は小惑星になれたのに、ポンジュースは“幻の小惑星”に終わった理由

空の向こうには「庵野秀明」や愛媛名物「じゃこ天」があります。でも、「ポンジュース」はないのです。

[ねとらぼ]

 小惑星には神話や人名、地名などに由来した、変わった名前がつけられることがあります。数年前には、魚のすり身を使った愛媛県・宇和島名物「じゃこ天」の名を冠した小惑星が誕生し、天体なのに「おいしそう」と話題になりました(関連記事)。

 ですが、「小惑星にはどんな名前でもつけられるのか」というと、そうではありません。今回は幻の小惑星「ポンジュース」をご紹介します。


小惑星にはなれなかった「ポンジュース」(えひめ飲料Webサイトより)

幻の小惑星「ポンジュース」

 久万高原天体観測館(愛媛県)は、小惑星に一風変わった名前をつける天文施設。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」などを手掛けた庵野秀明監督の名前を持つ小惑星「Hideakianno」などで知られています。また、愛媛県に関連した言葉を使うことも多く、小惑星「じゃこ天(Jakoten)」もここから誕生しました。


これが小惑星になりました

 小惑星を命名するには天文関係の組織に申請を行う必要があるのですが、2013年にこの「じゃこ天」を申請するとき、合わせて「ポンジュース」の申請も行っていたとのこと。しかし、「商業的な性質の名称は認められない」と命名ガイドラインに定められており、「ポンジュース」は却下されてしまったそうです。

 このとき、どういうわけか特定の商品名ではない「じゃこ天」までまとめてNGになってしまい、久万高原天体観測館は再申請を行うことに。このような経緯から、「じゃこ天」はようやく2015年に認定されたといいます。


小惑星「Jakoten」小惑星センターWebサイトより)


小惑星センターWebサイトでは「じゃこ天」の軌道も確認できます

 ところで、じゃこ天は、伊達政宗の長男・秀宗が仙台のかまぼこ職人を、宇和島に連れていった(1615年)ことで生まれた食べ物といわれており、2015年はちょうどその400周年にあたります。

 もしも「ポンジュース」の申請がうまくいき、「じゃこ天」の再申請が行われなかったら――。過去に「if」はありませんが、とにもかくにもご飯にもお酒に合う愛媛名物は、記念すべき年に地球を超える存在になることができたのでした。めでたし、めでたし。

主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響