ニュース
» 2018年07月16日 10時30分 公開

人間が「リレー」でサラブレッドに勝つことはできるのか?

馬が疲れるほどに人を増やすのだ。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 この春アニメになった『ウマ娘』(※)。彼女達は現実と同じサイズの競馬場を自らの脚で走る。アニメの描写だとそんなに違和感はないが、競馬場のトラックの長さは1000m単位。人間サイズに比べるとあまりにも長い

 ※『ウマ娘 プリティーダービー』:Cygamesが展開するメディアミックス作品。実在の競走馬の魂をもつ「ウマ娘」がレースで競い合う。2016年からキャラソンCDがリリース。2018年4月にアニメ化。

 ウマ娘は人間とは別の(現実のウマに近い)種族らしく、100m走くらいのノリで1000mや2000mを全力疾走する。一方、人間が全速力で走れるのはせいぜい400m、全力で走ったって馬より断然遅い。その辺は種の差、仕方がない。

 とはいえ人間だって同じ生物、何とか種を超えて競えないものか。ヒトがサラブレッドに走りで勝つ方法を真剣に考えてみる。


4人寄れば……

 人間が1人でできることは小さいが、何人か集まると足し算以上の力を発揮することはよくある。陸上でいえばリレーがまさにそう。

 何人かがバトンをゴールまで受け渡すリレー競走では、一般に個人のタイムの合計よりも速いタイムが出る。というのも、個人走だとロスになる加速にかかる時間がバトンパスの技術でカバーできるため。


リレー(上)と個人走(下)の速度変化の違い。バトンパスを上手に行うことでロス(緑色の部分)を小さくできる

 2016年のリオデジャネイロ五輪・男子400mリレー決勝のタイムを見てみると、日本チーム(結果は銀メダル)の100m走の個人タイム合計が40.52秒なのに対し、実際の記録は37.60秒と、実に2.92秒を縮めている

 同大会で順位がついた6チームの短縮タイムを平均すると2.70(2.695)秒で、これらが3回のバトンパスによるものだとすれば、1回のバトンパスで0.87(0.865)秒短縮される計算になる。コンマ01秒を争うスプリント競技でこれは大きい。


競馬場を走ったら?

 世界トップクラスのスプリンターがリレーで競馬場を走ったらどのくらいの記録になるのか?

 JRAの最高峰、日本ダービーは2400mコースで行われるが、100m10秒の陸上選手が24人でこのコースをリレーしたとき、ゴールまでの時間は24×10.0 -23×0.87=220(秒)=3分40秒!

 さて馬はどのくらい速いのか……と調べると、今年(2018年)のダービー馬はワグネリアンで、タイムは2分23秒6! 全然勝ってない!

 競馬場や競走馬の特性を知る指標として、レースの先頭馬が1ハロン(200m)を通過するのに要する時間(ハロンタイム)が用いられることがある。有志の集計によればハロンタイムはおおむね12秒前後の値をとっているから、100m走換算で6秒。勝てるわけねえ……。


何とかなりませんかね


 100mを6秒で走る馬を、10秒弱で人間が追いかけても永遠に追い付かないのは条理。でも何とかしてリレーで勝ちたいんじゃ。

 走るために生まれてきたサラブレッドにも弱点はある。瞬発力が高い分、長距離を走れるだけのスタミナには欠けるのだ。天皇賞(春)(3200m、JRAのGIでは最長)のような長距離レースでは、ラストスパートに比べると序盤・中盤のスピードはやや遅く、競走馬といえどずっと全速力とはいかないのが分かる。



 人間サイドはリレーなので、人数さえそろえばスタミナは関係ない。レースの距離を伸ばせば、馬は体力を温存してゆっくり走る一方、人間は全力で走れるので勝負になるかもしれない。

 なお、天皇賞(春)をリレーで走ったときの予想タイムは4分53秒(32×10.0-31×0.87)。今年の天皇賞(春)を制したレインボーラインは3分16秒2ということで、3200mでは全然足りないということになる。10000mくらいなら勝てるかなあ。

 というわけで、100万人の夢を背負う競走馬の脚はそれだけ速いのである。人間もまあまあいいとこ行ってると思うんだけどな。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声