ニュース
» 2018年08月29日 12時00分 公開

輸送は人力、飛ばすまでが一苦労! 琵琶湖のほとりで「鳥人間コンテスト」の舞台裏を見てきた (2/5)

[しげる,ねとらぼ]

 7時すぎにプレスルームに入ったところで、早くもこの日1機目の飛行が。競技開始は7時半だったはずだけど、聞いていた予定よりも早い。台風が近いので、とにかく全ての予定が前倒しになっているのだ。読売テレビの方からは「予定では人力プロペラ機部門は明日開催するはずだったけど、今日飛ばせるだけ飛ばしちゃうかもしれない……でもまだよく分かんない」という状況の説明をされる。


この日1回目の飛行となった、首都大学東京のフライト。けっこう急角度で下向きに発信するので「落ちるのかな?」と思うけど、これが器用に持ち直して飛ぶのである
プレスルームにはモニターが置いてあり、中継映像を見ることができる

 そうこうしているうちに会場に人が増えてきた。地元民や参加大学のOBがぞろぞろと集まってくるのである。思っていたよりフェスっぽい。完全に朝だけど、ビールが飲みたくなってくる。


鳥人間売店も出店し、鳥人間Tシャツや鳥人間キャップを売っている
会場のすぐ裏。いきなり山と川。日本のカントリーサイドむき出しという感じである
会場裏のセブンイレブンも完全にフェス対応。会場から歩いていける唯一のコンビニなので、一日中混んでいた

輸送は人力、整備は現地、飛ぶまでが一苦労!


会場内各地に立っている地図。プラットフォームの左側の砂浜に、これから飛ぶ機体がずらっと駐機される

 予定を前倒ししつつ、ひとまず始まった滑空機部門。1機目の飛行機が飛んで以降、駐機スペースの砂浜からは次々に飛行機が運ばれてくる。当然といえば当然だが、機体をプラットフォームまで運ぶ方法は人力。およそ30kg程度の機体を、チームの全員で掛け声を掛け合いながら運ぶ。たわんだり破損したりしやすい主翼部分は、木でできた支えなどを使って保持するのだ。


見ての通り輸送は人力。砂浜なので足を取られやすく、機体を担いで歩くだけで一苦労だ
一機ずつプラットフォームに乗せていくため、列は一気には進まない。そのため途中で機体を置くための台も一緒に運び、全員でタイミングを合わせてその都度機体を置くのである

 鳥人間コンテストはテレビ番組の収録も兼ねているので、そこまでテンポよく機体が飛ぶわけではない。プラットフォームに機体が上がったところで発進の準備をしたり、チームの紹介VTRや選手へのインタビューなどが挟まったりするため、プラットフォームに上がってから飛ぶまでに15〜20分ほどかかる。その間は機体を台に置いて休みつつ、滑空機の行列が浜辺を進んでいく。


プラットフォームの基部に到着したら機体を90度回転させて横向きにする。主翼の幅が広いので、回転させる際には見物客を下がらせたりする
横向きになってプラットフォームの上を進んでいく機体。最後に急な坂を登って、ようやく発射台である

 プラットフォームの幅は狭いので、発射台にたどり着く前に機体を横向きに回転させる。そこから水面の上の細いスペースを移動し、最後に坂を上がってようやく発射台だ。おみこしというか、なんとなく神事っぽいスローペースである。チームの人たちはその間ずっと飛行機を置いたり担いだりを繰り返す。鳥人間コンテストは飛ぶまでがかなり大変なのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた