ニュース
» 2018年08月30日 18時45分 公開

よく見る「ウィンナーにパスタを刺してゆでる」ヤツやってみた → 謎の生命体が爆誕してしまう

Twitterでも「食う気失せるやつ」「大腸菌みたい」と評判。

[ねとらぼ]

 アイデアレシピとしてネットで定期的に目にする、「ウィンナーにパスタを刺してからゆでる」料理。うまくいけば食べやすい上に見栄えもおしゃれなソーセージパスタが完成するらしいですが、これに挑んだところとんでもない魔生物を生み出してしまったという写真がTwitterで同情と笑いを集めています。地球外生命体かな?

 本来このレシピは、ウィンナーを輪切りにしてから、断面に向かってスパゲティを垂直に数本刺し通してゆでるもの。しかしTwitterユーザーのよもつさん(@yomotsulog)はちょっと記憶違いを起こしたのか、そのままのウィンナーに横からスパゲティを十本ほどぶっ刺してからお鍋にインしてしまったのでした。

ウィンナー パスタ スパゲティ ソーセージ 失敗 Twitter 出来上がったのは……ぎゃあああああ(画像提供:@yomotsulogさん)

ウィンナー パスタ スパゲティ ソーセージ 失敗 Twitter 箸でも持ち上げたらなおさらエイリアンぽい

 出来上がったのは、ウィンナーの両脇からスパゲティがうにょうにょ生えまくった何か。スパゲティがムカデの足だったりエイリアンの触手のようで、お世辞にもおいしそうとはいえない……。よもつさんが「『ウインナーにパスタ刺して茹でると美味しい!』って記事見たのでやってみたんだけど、キモすぎない?」と写真をTwitterに投稿したところ、3万回以上リツートされ話題となりました。

 Twitterでは「食う気失せるやつ」「体がムズムズするw」とその気持ち悪さに共感する声が続出。「古生物のハルキゲニアみたい」「ゲジゲジ」「大腸菌……」「┌(┌^o^)┐」と似ている生き物の例がいくつもあがりましたが、いずれも食卓にはふさわしくないものばかりでした。ウィンナーと、スパゲティなんだよ……。

ウィンナー パスタ スパゲティ ソーセージ 失敗 Twitter ちなみに成功例がクックパッドにあったのでどうぞ。おしゃれ……!

 どうしてスパゲティの向きを間違えてしまったのかよもつさんに聞いたところ、「家にあったウインナーが細く、縦に刺すのが難しかったからです。 なので側面に刺してみたんです」と説明。「その時はまだ普通だったんですけど、ゆで上がってパスタが垂れ下がったのを見てキモすぎることに気付きましたね」と振り返ります。

 お味については「まぁパスタもウインナーももともとおいしいんで、そこまで不味くはなかったです。ただ、ウインナーに刺さってる部分はゆで上がっておらず、そこだけ硬くて不味かったですね。あと、等間隔に並んだパスタをかみちぎる食感っていうのは、プチプチプチ……ってなんか気持ち悪かったです」と、なかなか不満が残ったもようです。

 一方で「ちなみに僕はこれを間違ったとは思ってません」とも。「縦に刺した場合でも相当キモいのでキモさは互角。縦に刺した場合、他の方が貼っていた画像からも分かるように、一口サイズがクソでかい。これではパスタを途中でかみ切る事になってしまい、わざわざソーセージでまとめた意味がありません。その点僕のように横にさせば、一口を自分で調節することができ、途中でパスタをかみ切る必要もないのです」と発見もあったそうです。しまいには「自分で言うのも何ですが、長い間あまり触れられず、ずっと固定概念に縛られていたソーセージパスタを、また一歩進化させる事ができた。そう認識しています」と迷言まで飛び出しました。

 「まだまだ課題は多く、やはり見た目がキモすぎる事や、パスタとソーセージのゆで時間に大きな差がある事、また、刺すのが面倒な事など挙げ始めたらキリがありません。いつか、『パスタとソーセージを別々で食べるなんて変わってるね。今どきパスタはソーセージに刺してゆでるのがメジャーだよ。』と言われる世界が訪れるまで、僕は改良を重ねていくつもりです」(よもつさん)

 よもつさんは課題を克服できるのか、はたまた魔のソーセージパスタ生物を生み出し続けるのか……謎の挑戦は始まったばかりのようです。よもつさんは個人ブログ「よもつぶろぐ」も随時更新中です。

画像提供:よもつさん(@yomotsulog



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」