ニュース
» 2018年09月04日 13時57分 公開

カサと新聞紙があればOK 「親の体力を温存できる子どもの室内遊び」が雨の日に役立つナイスアイデア

破いた紙をカサに入れて、子どもの頭上に降らせて遊びます。最後はおかたづけも教えられて一石二鳥。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 活発な子どもは、雨の日だと家の中で体力を持て余しがちで、親も全力で相手をしていると疲れ切ってしまいます。そんなときに有効な「親の体力をできるだけ温存できる室内遊び」のアイデアが、Twitterで「楽しそう」「早速マネしてみる」と好評を博しています。


室内遊び エネルギーを持て余した子どもの相手は大変ですから……

 1児の母、さく(@saaaaaaaaaaaack)さんが保育士から教わった遊び方。まずは子どもに新聞紙やチラシを与えて好きにさせ、定番の「ビリビリ遊び」で楽しんでもらいます。


室内遊び 夢中になって口がゆるむのかわいい

 今度はカサを開いて逆さに。破いた紙を投げ入れさせて遊びます。紙がたまったらいったんカサを閉じ、子どもの頭上で開いて紙を雨のように降らせます。さくさんの場合、これを繰り返せば子どもが30分は飽きずに楽しんでくれるのだとか。柔らかいタッチのイラストから、喜ぶ様子が生き生きと伝わってきます。


室内遊び バスケットボールのように、ポイッ

室内遊び 紙がたまったら、子どもの頭に降らせて、また投げ入れるところから。最後に片付けを教えておしまい

 最後に散らばった紙をゴミ袋に入れさせれば、後始末も同時に教えられて一石二鳥。ツイートには「紙を降らせるときカサを回して飛ばすのも楽しそう」「最後は紙くずをてるてる坊主にするのもいい」など、工夫する案も続々寄せられています。

画像提供:さく(@saaaaaaaaaaaack)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.