ニュース
» 2018年09月07日 07時30分 公開

暑い季節でも快適に液タブでお絵かきできる意外なアイテム 漫画家のプレゼン漫画が熱こもってる

熱さにバテても締切はマッハでくる。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 漫画家が夏場に液タブで漫画を描く時の熱さに参った結果、ゴルフ用品に行き着いた経験を描いた漫画が、多くの漫画家さんや絵描きさんを救済してくれそうです。これでお絵かきがはかどりそう! 作者はTL(ティーンズラブ)作品をメインに執筆している漫画家の駒田ハチ(@komadahachi)さん。

 デジタルで漫画やイラストを描く人の中では、液晶画面にそのまま絵を描ける液晶ペンタブレット(通称「液タブ」)を使っている人も多くいますが、夏場はこの液タブの画面がかなり熱くなります。作者の駒田さんは液タブで長時間作業していると、画面の熱でひじの内側が火傷のようにヒリヒリしてしまうこともあったそうです。普通のアームカバーを試してみましたが、すぐに片方紛失してしまったり、飼い猫を抱くので毛がたくさんついてしまったり、うまくいかなかったようです。

アームカバー 漫画家 暑さ対策 液タブ触ってると体感温度上がりますよね

 駒田さんが求めていたアームカバーの条件は、自分でも「うわっ……私の要望、多すぎ……?」と思うほどの多さ。

  • 液タブの熱を遮断してくれる
  • 咄嗟の来客時に付けたり外したりしなくていい
  • スッキリ見えて“着てます”感がない
  • ダサくない
  • 生地が涼しい
  • 猫毛つかない

 そこで駒田さんが見つけたのが「MEGA UV COOL WEAR 夏の雪シリーズ(正式名称 COOUV)ショールアームカバー」でした。もともとプロゴルファー用に作られたものですが、数年前に見つけて以来ずっと使用しているそうです。

アームカバー 漫画家 暑さ対策 アシ◯カとか新◯のアサシンっぽいけど高機能!

 駒田さんがこのアームカバーを推す理由として「超薄くて軽いストレッチ素材」「カラーバリエーション」「着ると涼しい」の3つを挙げています。薄くて軽く伸縮性のある素材を使っているため、着たままでも気にならず、手触りもよく、体にぴったりフィットするのに締めつけ感が少ないので集中力を欠かないそうです。元気の出る蛍光色からシャツの上からでも目立たない色までカラーが豊富で、その日の気分でも選べそうな点も魅力。また通気性が非常に高く熱をすばやく外に逃がすため、体感温度が3度下がり、「ウェアを着て扇風機の風を浴びるとひんやり感がヤバい」のだとか。

 USB扇風機で液タブと一緒に腕にも風をあてると爽快で、作業が進むと駒田さん。このアームカバーは数年使っているとのことですが、丈夫で長持ちするので、まだまだ買い替えの必要はないようです。コスパもいいなんて最高ですね! なお、当初の「猫毛がつかない」という要望は、猫を抱かなければ解決するそうです。解決……?

アームカバー 漫画家 暑さ対策 スポーツ選手用ということもあって高機能! しかもオシャレ!
アームカバー 漫画家 暑さ対策 漫画家以外にも、外仕事の人にも良いかも

 この漫画の反響もあってか、メーカーの広田ゴルフには例年よりも多くの注文が入っているそうです。ショップではゴルフだけではなく、「仕事、遊び、バイク、スポーツ、ランニングなどさまざまなシチュエーション」で役に立つとうたっていますが、まさか漫画家さんにまで波及するとは思ってもみなかったようです。これはうれしい悲鳴。

 9月に入ったとはいえ、東京でもまだまだ30度を超える日があるようです。プロの漫画家さんだけではなく、秋の同人誌即売会に向けて頑張っている絵描きさんにもありがたいツールかもしれないですね。

アームカバー 漫画家 暑さ対策 まさかこんなたくさんの要望に応えるものがあったとは……

画像提供:駒田ハチ(@komadahachi)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」