コラム
» 2018年10月23日 11時00分 公開

【マンガ】雨模様が“天気予報で使うべきではない言葉”になった理由

便利だけど、ややこしい表現。

[ねとらぼ]

 あなたは「雨模様」という表現を、どちらの意味で使っていますか?

  • 小雨が降ったりやんだりしている状態(つまり、もう雨が降っている)
  • これから雨が降りそうな状態

 実はこの言葉の意味にはややこしいところがあり、気象庁は“天気予報などで用いるべきではない語”だとしています。一体、どうしてなんです?

解説

 雨模様(あめもよう)という言葉のもともとの形は「雨催い(あめもよい)」だといわれています。この「催い」は「今にも○○しそうな様子」を指し、例えば、「花催い」は「桜の花が咲きそうな気配」という意味になるのだとか。

 このため、雨模様の本来の意味は「雨が“降りそう”な状態」。しかし、近年、新しい用法が現れ、「雨が降っているもよう」というときのように「雨が“すでに降っている”状態」を指すことも多くなっているのだとか。つまり、古い意味、新しい意味の両方が使われるようになっている、というわけです。

 NHKによれば、新しい用法の雨模様は「地域や時間帯によって、雨が降ったり降らなかったり」という複雑な状況を一言で表現できる「便利なことば」。しかし、「意味があいまいで解釈が分かれる表現なので、天気予報では使いません」とのこと。

 ちなみに、この他にも「雪模様」「荒れ模様」といった表現もありますが、気象庁がWeb上に掲載している「天気予報等で用いる用語」では、広く「〜もようの天気」という表現が「意味がいろいろにとれるため用いない」とされています。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露