ニュース
» 2018年10月24日 15時15分 公開

時間をさかのぼり、遭難船の運命を解き明かす“激ムズ”推理ゲーム「Return of the Obra Dinn」が狂気の面白さ

作者は「Papers, Please」のLucas Pope氏。

[戸部マミヤねとらぼ]

 モノクロ(1-bit)の映像がハイセンスな3Dアドベンチャーゲーム「Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)」が10月19日に発売され、国内外で注目を集めています。「究極の作業ゲー」と名高い入国審査シミュレーター「Papers, Please」を手掛けた作者の新作は、凶器も死因もバラバラな被害者60人の死の真相を同時進行で解明するという「究極の推理ゲー」でした。



Return of the Obra Dinn WindowsとMacに対応。価格は2050円(税込)

 舞台となるのは、1803年に消息を絶ち、数年後に無人で帰港した商船「オブラ・ディン号。そんな船の調査員に命じられたプレイヤーは、乗組員たちがたどった悲劇の運命を記録していくことに。


Return of the Obra Dinn 主人公は東インド会社の調査員

 主人公の手元には、仕事に役立つ2つの不思議アイテムが与えられています。一つは、事件の真相に近づくことでページが埋まっていく「手記」。もう一つは、死体を調べることで死の瞬間にタイムスリップできる「懐中時計」です。


Return of the Obra Dinn 死体を調べてタイムスリップ

Return of the Obra Dinn 静止した時間の中で、凶器や死因を特定します。どうやら仲間に棒で殴られたもよう

Return of the Obra Dinn 「この人は誰? 死因は?」少しずつ事件の真相を解き明かし、調査報告書に回答していきます

Return of the Obra Dinn 選択肢の中には「怪物」のような不穏な単語も……

 ただし、そんなチート能力を持ってしても捜査は困難を極めます。乗組員のリストに載っている情報は名前・役職・国籍だけ。顔写真はありません。つまり、過去にさかのぼって死因を特定できたとしても、それが60人のうち誰なのかは謎に包まれたままということ。

 タイムスリップ先の世界に介入することはできないので、状況や会話などの限られたヒントから顔と名前を一致させていくわけですが……これがめちゃくちゃ難しい!


Return of the Obra Dinn 乗組員リストには顔写真は載っていません。お前ら、誰なんだ!

Return of the Obra Dinn 船上の様子を描いたスケッチも、人物同士の関係性を読み解くヒントになります

 それぞれの乗組員には3段階の「推理難易度」が割り振られているのですが、最も難しい「レベル3」を冠する乗員の名前を当てるのは至難の業。「この人とあの人は同じ制服を着ているから……」「インド人は5人しかいないから総当たりで……」といった具合に、間接的な情報から答えを手繰り寄せる洞察力と分析力が求められます。

 殺された瞬間とは別のタイミングにヒントが隠されている乗組員も多く、一人一人の行動を時系列順に整理することで初めて真実が見えてくることも。ゲーム中にも情報の検索機能は用意されていますが、実際にノートを用意してメモを取りながら遊ぶのがオススメです。

 「能動的に推理を楽しむ姿勢」が求められるという点でややハードルは高いかもしれませんが、そのぶん点と点がキレイにつながった時の気持ち良さも格別。小さな手掛かりから真相にたどりついた瞬間の「俺って天才では……!?」感がたまりません。


Return of the Obra Dinn 一度聞いたセリフを読み返す機能もありますが、できれば紙のメモも用意したいところ

 先の気になる狂気的なストーリーも魅力。順風満帆に見えた商船は、黒々と広がる海から一体「何」を引き寄せてしまったのか? 断片的な情報を通じて恐怖を煽る語り口が、プレイヤーの探究心をわしづかみにします。

 既に多くのプレイヤーが真エンディングにたどりついていますが、謎を残したまま終わる結末は、Twitter上で新たな議論を生んでいます。オブラ・ディン号の帰還から始まる本作の物語ですが、クリアしてなお「オブラ・ディン号から現実に帰ってこれない」ゲームファンも少なくないようです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」