ペットボトル工場の実情をTwitter漫画に ゴミの分別にまつわる問題を浮き彫りに

リサイクル対象でない、弁当の容器や洗剤のボトルなどが交じることも多いそうです。自治体のルールに従って正しい分別を。

» 2018年10月29日 08時00分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 お笑いコンビ・マシンガンズの滝沢秀一さんはゴミ収集会社に勤める会社員でもあり、その経験を著書『このゴミは収集できません』に記しています。そんな滝沢さんが、ペットボトル工場勤務時の体験を漫画化しTwitterで公開。作業中に浮かんだ疑問を素直に描き、ゴミの分別にまつわる問題を浮き彫りにしています。


アイキャッチ ペットボトルに瓶が交じっていると、全作業が中断。分別の大切さを表すワンシーン

 滝沢さんの勤務先は、回収とは別にペットボトル工場の業務も扱っています。ベルトコンベヤーに流れてくるペットボトルからキャップとラベルを外すのが作業員の仕事。異なる素材を排除し、PET素材のみ残してリサイクルの純度を高める仕組みです。


1P 仕事は全て手作業。夏場はペットボトルの量が多く、腱鞘炎になる人もいるという

2P ※最上段左のコマは、「ラベルはPS(ポリスチレン)素材、キャップはPP(ポリプロピレン)素材」の誤り

 単純作業に勤しんでいると、脳内でさまざまな思考が巡るもの。滝沢さんも、「ペットボトルに直接印刷ができれば、ラベルをはがさずに済むのでは?」と想像しています。

 そんなとき、隣の同僚が1本のペットボトルを廃棄分へ。理由を聞くと、色付きのものはリサイクル時に色が混じってしまうため、燃えるゴミとして処理しているのだそうです。となると、ボトルに直接印刷するアイデアもダメなのだと気付く滝沢さんでした。


3P ※自主設計ガイドラインでも、「ボトル本体への直接印刷は行わない」と定められています(賞味期限や製造所固有記号などの微細な表示は除く)

 ならばキャップをPET素材で作れないだろうか? いや、強度などの問題で無理か――想像を広げていると、今度はベルトコンベヤーにトラブルが発生。瓶が混じっていたため、システムが自動で停止したのです。そこから滝沢さんの思考は「どうして瓶や缶がペットボトルに交じるのか」といった疑問へ。その原因は、後日の回収業務中に明らかになりました。


4P ※PETボトル協議会は、PET製キャップには技術的問題点も多いのが現状で、キャップはペットボトルと分けてリサイクルするのが適切としています

 というのも、ある地域では瓶・缶・ペットボトルの回収日が同じ。地区によっては分別用のコンテナが置かれていなかったといいます。出し方が分かりにくいせいで、これらを一括で回収していると思っている住民もいるらしく、全種類が同じゴミ袋に入っていたこともあったのだとか。

 全てがきれいに洗われていたため、当人にきちんとゴミ出しをしようとする意識はある様子。ここから、滝沢さんは「分別する意識はあるけれど方法が分からない人も少なくない」と考え、分別問題に改善の余地があるとしています。


5P

 最後に、「ペットボトルと間違えて出されるゴミ」の私的なランキングを発表。第3位は調味料の容器で、「プラ」や「PET」などの識別表示マークを参考に分別してほしいとのことです。ただ、「PET」マークのある油の容器については、油で汚れているためリサイクルに適さず、個人的には可燃が適切との考え。第2位の洗剤の容器についても、汚れていれば可燃ゴミに。勤務先でも可燃に回しているそうです。


6P

 第1位は卵パックや、そうざいや弁当の容器。これらは自治体のルールに従って、プラゴミか可燃ゴミに出してほしいとのことです。滝沢さんは番外編として、たまに交じるという「水筒」も紹介。「飲み物系のゴミってこと?」と困惑していますが、さすがに出した人が雑すぎるのでは……。


7P

 「廃棄するまでが購入者の責任」「現場の大変さが分かったので今後気をつけます」など、漫画は大きな反響を呼びました。「分別の基準が自治体によってまちまちなのも問題」「リサイクルよりも焼却するほうがかえってエコなのでは」と、さまざまな意見が生まれています。

作品提供:マシンガンズ滝沢さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」