ニュース
» 2018年11月05日 14時25分 公開

「ソーシャルゲームの属性相性考察」にさまざまな意見 「複雑過ぎると覚えられない」「ポケモンが一番やばい」

結局は製作者の調整次第なのかもしれません。

[コンタケ,ねとらぼ]

 Twitterユーザーの春さん(@haruofhennano)が制作した、「ソーシャルゲームによる、属性相関図によるゲーム全体のバランス構築時における問題と傾向」にさまざまな意見が集まっています。あなたの遊んでいるゲームは属性相性バランス、ちゃんと取れていますか?



 現在運営されている多くのソーシャルゲームでは、キャラに「属性」が設定されています。「属性」はゲームによってさまざまで、「火水雷」でじゃんけんのような3すくみのシンプルなものから、そこに「土」や「風」が加わって4すくみ5すくみになっているもの、独立した「無」属性があるもの、「光闇」の2すくみが別に存在するもの、属性の名称が「天・明・魔」とか独特なもの、とにかく属性の数が多いもの……などなど、ゲームの数だけ属性相性が存在するといっても過言ではありません。


ソーシャルゲーム スマートフォンゲーム 属性 相性 相関図 考察 よくある属性相性相関図

 今回の春さんの考察では、最初に「パズドラ」でおなじみの“3すくみ2対”から紹介。これは「火水木」が得意属性には攻撃力2倍、苦手属性には攻撃力半減の3すくみとなっているのとは別に「光闇」の2すくみ属性があり、光と闇は「火水木」の3属性にダメージを等倍で与えられるというものです。

 全5属性あるためキャラや戦略性に幅が出るものの、問題は「2対が強くなりすぎてしまうことが多い」と春さんは考察しています。扱いを間違えると「光か闇だけ育てておけばいい」というバランス崩壊を招きかねません。また、パズドラのヒットにより、この相関図が大流行してしまいました。

 続いては属性4つでそれぞれ「得意」「苦手」「等倍(相性なし)」が設定された“4すくみ”。春さんによると「バランスは取りやすいものの相性がついていない属性で殴った方が手っ取り早いという結論に至ることも多いので4すくみを生かしきれないことも多い」とのこと。等倍にある2属性だけ育てておけば、常に「得意」か「等倍」で戦えてしまいます。

 次はシンプルな“3すくみ”。どんなときでも相性がつくためプレイヤースキルを求めるようなゲームや音ゲーなどのジャンルで取り入れられていることが多いとのこと。RPGだと、属性が重要すぎてバランスが崩壊してしまいがち。また、3種しかないため、キャラのバリエーションも乏しくなります。


ソーシャルゲーム スマートフォンゲーム 属性 相性 相関図 考察 発展形……のはずなのですが

 さらにここからは、ここまでの属性を発展させたり問題を解決するべく作られた“4すくみ1外”“5すくみ”“4すくみ2対”などが紹介されていますが、どれも「相性がない属性で殴ればいいんじゃない?」問題にたどり着いてしまいがち。また、5すくみになると「ユーザーが覚えられない」という問題も発生してきます。


ソーシャルゲーム スマートフォンゲーム 属性 相性 相関図 考察 属性相性の深淵

 そしてさらに属性相性の深淵ともいえる「五芒星」が登場。5属性全てが「強い」「非常に強い」で全てに相性が割り振られた複雑さとなっており、「ユーザーは覚えられない」の一言でバッサリ。最後は「サムライライジング」の相関図(今までのネーミングからすると“6すくみ2対1外”)が「狂気の沙汰」として紹介されています。

 この考察にリプライ欄では、さらにさまざまなゲームの属性相関図が登場。“3すくみ2対2対”や“7すくみ”“3すくみ2対2特殊1外”、もはや図で表せないため表になっているものなどさまざまな属性相関図が寄せられていました。ゲームによって属性はさまざまですね。





















 そんななかでも際立っていたのが、国民的人気ゲーム「ポケモン」の相性。第6世代では全18タイプあって得意不得意数はタイプによってバラバラ、「抜群」「いまひとつ」「効果がない」の3種があり、さらに複合タイプまであるという冷静に考えたら最も狂気の奥底にいるゲームとなっています。全部暗記している人どれぐらいいるんでしょうか……。



 春さんは「ゲームにおいてどのような属性相関を築けばいいのか、という問に対して正解はないといえるのではないでしょうか」と結論づけているのですが、ポケモンがこの複雑さであることを考えると実際その通りなのかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」