ニュース
» 2019年01月23日 10時00分 公開

くら寿司公式Webマンガ「回転むてん丸」が絵柄に反してガチ過ぎると話題 「虚淵みたいな展開」「後半すごい心が死んでいく」

読んでくれ。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 回転寿司チェーン「くら寿司」の公式Webマンガ「回転むてん丸」が、かわいい絵柄に反してガチすぎるとTwitterで話題になっています。王道を行く覚醒シーンに、鬱アニメもびっくりな闇堕ち展開。どうしてこうなった……?



kurazushi 全八章。2013年〜2016年にかけて連載されていました。

 「回転むてん丸」は、小学5年生の寿司好きキッズ・むてん丸が主人公のWebマンガ。どちらかといえばギャグ寄りの第一シーズンと、シリアスな展開が続く第二シーズンに別れており、話数の数え方から前者が「弾」、後者が「章」と呼ばれています。今回話題になったのは第二シーズンにあたる「章」のほう。

 一見すると子ども向けなキャラクターデザインに見えますが、仲間になるのは「褐色ケモ耳美少女」や「金髪目隠しイケメン」など、ツボを押さえた面々ばかり。トレーディングカードゲームやガチャガチャの景品にもなっているので、ご存知の方も多いかもしれません。



kurazushi ちょっとアホなケモ耳ヤンキー少女(第一章8話より)

kurazushi 覚醒すると前髪が上がってイケメンに(第一章12話より)

 ストーリーも本格的で、人間を怪物に変えてしまう結晶「ディシウム」をめぐって友情・努力・勝利の冒険活劇が描かれます。むてん丸の必殺技も「炎の精霊を剣に宿して斬る」というもの。寿司関係ない。


kurazushi かっこよすぎる(第一章2話より)

 特に終盤の展開はまさに怒涛。「くら寿司に入れなくなりました」という人も現れるほどで、もはやプロモーションになっていません。

 マンガはくら寿司公式サイトで無料公開されており、現在は新シーズンである「すしペット」の連載も開始しています。






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり