ニュース
» 2019年01月24日 07時00分 公開

「義理」でなく「ブリ」 くら寿司、チョコ入り飼料で育った「チョコぶり」をバレンタインに提供

カカオポリフェノールの抗酸化作用で、切り身の鮮度を維持しやすいのだそうです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 回転ずしチェーンの無添くら寿司が、チョコ入り飼料で育てられた「チョコぶり」のすしを、バレンタインデーにちなんで2月1日から14日まで、1貫100円(税別)で提供します。念を押しておきますと、「ブリ型の義理チョコ」ではなく、「チョコぶりと名付けられたブリ」のおすしです。


ちょこぶり チョコで育ったチョコぶりをにぎりずしに

飼料 チョコぶりを育てたチョコ入り飼料

 チョコぶりは、愛媛県農林水産研究所の水産研究センターと宇和島プロジェクトが開発した養殖魚。チョコに含まれるカカオポリフェノールの抗酸化作用により、切り身の鮮度が維持されやすい点が特長で、水揚げ後の約5日間は見た目の鮮やかさを保てるといいます。

※国内店舗で販売している通常のブリは、鮮度を保ったまま産地から直送しているため、変色はないとのこと

5日目 水揚げから5日後の状態。血合いの赤さなど、色合いが保たれている

 また、チョコぶりは同社が推進する「さかな100%プロジェクト」の成果でもあります。魚の骨やアラを飼料に活用して育てた「循環フィッシュ」と呼ばれる製品で、2018年10月の発表以来、今回が世界初の一般販売となるそうです。


循環フィッシュ 将来的には、循環フィッシュ自体もサイクルに組み込むのが目標

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響