ニュース
» 2019年04月13日 21時00分 公開

これぞプロの犯行 バイオリンで奏でる「スーパーマリオ」、「初心者」から「エリート」レベルまで弾き分ける

初心者からエリートへと、4段階に分けて演奏しています。

[黒田順一郎,ねとらぼ]

 プロのバイオリニスト、ロブ・ランデスさんがバイオリンで「スーパーマリオ」を演奏する動画がYouTubeで人気を博しています。演奏がNOOB(初心者)、AMATEUR(アマチュア)、HARDCORE(ハードコア)、ELITE(エリート)と、レベルアップしていく趣向になっており、それに伴い衣装も変化していきます。

NOOB(初心者) NOOB(初心者)

 NOOB(初心者)では、黒シャツ姿でゆっくりと、ちょっとぎこちなく感じられる演奏をしています。

AMATEUR(アマチュア) AMATEUR(アマチュア)

 AMATEUR(アマチュア)の演奏に入ると、コスチュームがマリオに進化。素人からするとすでに上手なように思えますが、上位の水準と比べると単音でメリハリに欠けていることが分かります。

HARDCORE(ハードコア) HARDCORE(ハードコア)

 HARDCORE(ハードコア)になると、コスチュームにひげが追加されました。ところどころ和音になっていて、細かな音までちゃんと再現しています。音のキレがよく、テンポもしっかりしており、充分にもとの曲を再現できています。ならば、この先どう進化するのでしょう?

ELITE(エリート) ELITE(エリート)

 ERITE(エリート)に入ると、帽子をかぶってコスプレが完成形に。さらに右上に、スーパーマリオのゲーム画面が出現。マリオが走りだして「?」マークのブロックを叩くと、ランデスさんはコインの音をすかさず演奏します。キノコを取って巨大化すると、その音も。そう、効果音まで含めたゲーム内の音を一通り再現しているのです。

ステージクリアのBGMもちゃんと再現 ステージクリアのBGMもちゃんと再現

 サービス精神が旺盛なこの動画には、たくさんのコメントが寄せられています。「ひとつのバイオリンで演奏していることが信じられない」「目を閉じて聞いても、場面を正確に想像できてしまう」「視聴前:YouTubeはなぜこの動画を薦めてくるのか。→視聴後:最高!ありがとう!!」などなど。中には、「わたしの演奏って、NOOB(初心者)よりも下手だ……」といったコメントもありましたが、別の人が「大丈夫、練習すれば上手くなるよ」と励ましていました。

 ロブ・ランデスさんは音楽家の家系に生まれました。3歳からバイオリンを始め、10歳ではじめてソロリサイタルを行ったそうです。数々の賞を受賞し、ユタ交響楽団やサンディエゴオーケストラ、BYUフィルハーモニーなどの楽団とソロを組むなど、現在も精力的に活動しています。彼はYouTubeでさまざまな演奏を公開しているので、興味を持った方はのぞいてみてはいかがでしょうか。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.