浪費家のFPが断言「オタ活しながらでも貯められる」! 『一生楽しく浪費するためのお金の話』は“欲張り”なオタク女子の背中を押す(1/2 ページ)

『一生楽しく浪費するためのお金の話』を出張掲載。

» 2019年04月18日 20時00分 公開
[芦屋こみねねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 世のマネー本は、大体が「趣味にかけるお金はカットしろ」「生活の○○%までに抑えて」とレクチャーしてくる。「それができれば苦労しないんだよ!!」という一言に尽きる。私たちのようなオタク女子にとって、「趣味」と「生活」は切り離せないし、趣味にお金を注げない人生は切ない。

 節約術や、いかに家計を切り詰めるかというテクニックを書かないマネー本が発売された。もぐもぐ・ひらりさ・かん・ユッケの4人組オタク女子「劇団雌猫」と、ファイナンシャルプランナー篠田尚子がタッグを組んだ『一生楽しく浪費するためのお金の話』だ。テーマはズバリ「浪費し続けるためにお金を学ぶ」。

 本書の姿勢は、「浪費を必要経費として受け入れる」「浪費しながら貯蓄を作れるよう考える」というもの。篠田先生は「使う人は貯められる」と語り、オタク女子たちの「浪費」を全面的に受け止め、浪費をしながら将来に備えられる方法を具体的に教えてくれる。“こちら側”の気持ちをわかっている仕様だ。

一生浪費本

 そもそも、ファイナンシャルアドバイスをする篠田先生自身、「メジャーリーグにハマっている」という浪費女子。「こういうタイプもいるんです(笑)。金融の仕事をしていますが、根っからの現場主義で浪費家。プロ野球観戦、ライブ・フェス・コンサート参戦、舞台観劇を何よりの生きがいにしています!」という、心強い自己紹介が飛んでくる。

 聞き手役の劇団雌猫の4人は、それぞれお金の知識がバラバラで、推しジャンルも違う浪費女子。ちなみにこの記事を書いている私も、遠征先で推しにお金を使いすぎて一文無し寸前になった経験がある。「推し」に浪費する気持ちも、「推し」のために金銭感覚がなくなる気持ちも、痛いほどわかる。だからこそ、浪費家のファイナンシャルプランナーがいるなら、わかりやすくお金について学べるかも? という期待が湧いてくるし、劇団雌猫の相づちや疑問に一緒になってうなずく。

 篠田先生のアドバイスは、とにかく簡潔でわかりやすい。

 「同年代の平均貯金額が気になる→はっきり言って、気にするだけ無駄

 「とにかく貯金ができません→引き出せない積み立て用口座に天引き貯金して!」

 「何から手を付ければいいのかわからない→最初は見切り発車でも、天引き貯金、NISAなど、何か始めてみては?」

 ……など、次々と浪費女子の質問に答える。今まで「絶対貯金なんて無理!」と思っていた筆者だが、「これなら私でも貯められるかも?」と思えてきた。

一生浪費するために”お金”を学ぶ

 「推し」を追いかけるオタクには、現実と向き合う強さがある。浪費を続けるためには、浪費できるだけの金銭管理をしていなければならない。世の人々は、何かきっかけがあってお金と向き合うものだ。子どもが生まれて向き合う人もいるし、1人で生きていく自分を守るため向き合う人もいる。それと同じように、本書で紹介されたオタクたちは「浪費し続けたい!」という原動力でお金と向き合おうとする。

 「お金」は生活の全てに密接に関わってくる、生きる限り避けられないテーマだ。お金があれば万事うまくいくわけではないが、お金がないとできないこと、お金で解決できることは多々ある。もちろんオタク活動もそのひとつで、お金がなければチケットは手に入れられないし、グッズも買えない。今あるお金以上に浪費したいのであれば、収入を増やしたり、他の出費を削ったり、工夫をするしかない。

 その「浪費するためには金銭管理が不可欠なんだ」という気付きそのものが、お金と向き合うきっかけだ。何かに浪費する熱量がなければ、お金と向き合うタイミングはもっと先になったはずだ。もしかすると、一生お金と向き合うことなく、ずっと張りのない日々を過ごした可能性もある。篠田先生が「使う人は貯められる」と語っていたのは、まさにこのことなのではないか。

 使う目的や目標があるほど、人は頑張れる。これは金銭管理に限らず、生活に関わる全てのことについて言える。「推しのためなら」という根性が、本書で紹介されたオタクたちには備わっている。私もそんな“先輩”たちの背中を見て、「浪費し続けたい」という願望と「これからに備えたい」という願望を両方かなえたい。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」