ニュース
» 2019年04月21日 12時00分 公開

コスプレグッズ、どうやって収納してる? 1Kに100着以上を保管するコスプレイヤーさんのテクが勉強になる

コスプレジャンル以外でも参考になる収納テク!

[ねとらぼ]

 「物が多い」という悩みを持ちがちなオタクの中でも、特に物が多いことで知られているのがコスプレを趣味にしているオタク。布もの(衣装)やウィッグなどかさばりやすいものが多く、書籍などと違って電子に買い替えることもできません。

 コスプレグッズって、どう収納すればいいのか……!? 部屋のインテリア実例共有サイト「RoomClip」のユーザーbellさん(Twitter:@bell0728)の投稿から、すごいコスプレグッズ収納術を紹介します。

bellさん収納 コスプレグッズのすごい収納を紹介

100均のファスナーケースをフル活用!

 bellさんは、衣装を自作するコスプレイヤー。部屋の中にはコスプレ衣装が100着以上あります。部屋の中がカオスになってしまうのでは……と思うところですが、約20平米の1Kで衣装やグッズをキレイに収納しています。

 コスプレ衣装収納で活躍しているのが100均のファスナーケース。衣装を1着ずつ入れてラベリングし、探しやすく&取り出しやすくしています。このケースを、ベッドの下、天井、棚などにしまっています。カラーとサイズを統一しているのでピッタリ収納できますし、見た目にもキッチリそろっていて気持ちがいいですね。

bellさん収納 100均のケースが大活躍しています
bellさん収納 天井近くのデッドスペースも有効活用

 ウィッグも同様に、100均(セリア)のファスナーケースに収納。キャラ名をラベリングしているので、誰のコスプレ用のウィッグかすぐにわかります。

bellさん収納 ウィッグもラベリングして収納

 ベッド下は、プラスチック段ボール(プラダン)でシンデレラフィットの大型の引き出しを作っています。ベッド下に衣装40着、ウィッグ30個ほどが収納できるのだとか。カラーボックスにもB4のファスナーケースがピッタリ。木目のリメイクシートを貼り付けた扉で目隠ししているので、コスプレ収納と一見わからないのもスゴワザです。引き出しとラベリングファイルを組み合わせるテクニックは、他のオタク趣味にも活用できそうです。

bellさん収納 ベッド下は引き出しをDIY
bellさん収納 棚はリメイクシートで目隠し

 また、靴などの形が崩れやすい小物は、デッドスペースになっていたテレビ台の下に吊るして収納。タオル掛けでハンガーラックを作り、ブーツハンガーで掛けています。ブーツが床につくことなく、形も崩さずで保管できるのがステキですね。

bellさん収納 コスプレ用ブーツをデッドスペースに吊るし収納

“自作派”ならではの収納テク

 さらに“自作派”ならではのインテリアの工夫も。衣装を自作するコスプレイヤーさんの必需品は「大量の布」と「ミシン」です。特に布は安いときにまとめ買いしたり、違うコスプレ衣装を作ったときの端切れを使ったりと、保管や管理が難しいもの。

 bellさんは布を「色別」に分けて衣装ケースに収納しているといいます。衣装ケースは透明ですが、リメイクシートで手前部分を目隠ししているので、部屋の中の色数が抑えられてスッキリとして見えます。

bellさん収納 色ごとに端切れを整理
bellさん収納 収納ボックスに色別に収納!

 衣装を自作する際には必要不可欠なミシンコーナーもバッチリ。カラーボックスを並べ、板を置いて机に仕立てています。PCとミシンを並べた作業スペースです。ミシンにもPCにも同色の布をかけることで、存在感や圧迫感を減らしています。

bellさん収納 カラーボックスと板を組み合わせた作業スペース

 1Kとは思えないほど、あますところなくコスプレグッズを収納しているbellさんのお部屋。「かさばるオタクグッズが多いんだよな……」と悩んでいる人にとって、収納のヒントがたくさんありそうですね!

画像提供:bellさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.