レビュー
» 2019年05月07日 10時45分 公開

「わたし、定時で帰ります。」3話が平成最後の日に定時で放送した心意気。非常識な新入社員にモンスターのレッテルを貼らないで

グループチャット動画を友だちが勝手に拡散、クライアントに大迷惑をかけた新入社員の運命は?

[寺西ジャジューカ, イラスト:まつもとりえこ,ねとらぼ]

 「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)第3話が4月30日に放送された。平成最後のこの日、他局が軒並み特番を放送する中、このドラマだけは定時を守って放送されたのだ。


わたし、定時で帰ります。 平成最後の4月30日、特番ばかりの中、このドラマだけは定時を守って放送された イラスト/まつもとりえこ

第3話あらすじ「僕だって被害者」

 東山結衣(吉高由里子)が諏訪巧(中丸雄一)の実家に挨拶へ向かおうとしていたところ、種田晃太郎(向井理)から連絡が入った。ファイアーストロング社のドリンクCM撮影時、出演者が「ゴムの味」と酷評している動画がSNSで拡散・炎上しているというのだ。結衣はクライアントに謝罪へ向かうことに。件の動画を撮影していた来栖泰人(泉澤祐希)に電話を掛けても通じず、翌日、来栖は何事もなかったように出社した。来栖を咎めると「グループチャットに送った動画を友だちが無断で拡散した」「僕だって被害者」と責任転嫁する。

 結果的に「ゴムの後味」は話題になり、かえって注文は殺到。契約は打ち切られなかったが、晃太郎に厳しい言葉を掛けられた来栖は結衣に辞表を出そうとする。

 数日後、結衣は来栖と共にスポーツメーカー「ランダ―」のコンペ担当に指名される。当初はスポーツエリートを対象とした晃太郎の案に決定しかけるが、結衣は納得をしていない。晃太郎からフットサルに誘われた結衣は、そこで実際にランダ―のシューズを履く。そして、その経験を踏まえた案を結衣は提案した。しかし、この案にクライアントはあまりいい反応を見せなかった。

 後日、来栖は改めて「異動願」を持ってきた。結衣は「私は来栖君がいる意味はあると思ってる」と来栖を評価。2人が仕事に戻ると、先日のランダーのプレゼンが通ったとの報告が。この案件は引き続き結衣がディレクターを務め、来栖も参加するよう指示を受ける。先方の部長は、スニーカーに詳しい来栖を気に入っていた。来栖は「頑張ります」と答え、異動願も撤回した。

 

今どきモンスターと来栖にレッテルを貼らないで

 早いもので5月に突入である。きっと、5月病患者が量産されている頃だろう。そんな時期にふさわしいエピソードだったと思う。

 まずは、来栖ではなく人を育てる側の立場に注目したい。教育係の結衣は来栖の態度にうんざりだ。

 「来栖君が何考えてるかさっぱりわかんないし、ああいうのを新人類っていうんですかね」

 かつて、結衣の教育係だった賤ヶ岳八重(内田有紀)は口を開いた。

 「教育係に必要なことは、新人類とかモンスターとかそういうレッテルを貼らないで、その人自身を見ていくことじゃないかな」

 行きつけの上海飯店の店主・王丹(江口のりこ)は言った。

 「一括りなしね。みんな色々よ、人生色々よ」

 このドラマは来栖を“理解不能なモンスター”と扱わず、記号的に描かなかった。

 ランダーとの打ち合わせ時、スポーツ経験がなく居心地の悪さを感じていた結衣を晃太郎はフットサルに誘った。結衣は初心者だ。ボールを蹴るも空振りし、すっ転び、全く戦力になれていない。「何とお詫びをしていいか……」と謝り倒す結衣に、チームメイトは優しかった。初めての人はできなくて当たり前だからだ。

 来栖は「辞めたい」が口ぐせである。その根っこにあるのは、理解不能な今どきモンスターの性質ではなく、新人特有の悩みだった。

 「正直、もっとできると思ってたんですよ。でも、働き始めてみたら全然で、だんだん自分に嫌気が差してきて……」(来栖)

 理解不能じゃない。来栖の気持ちに強く共感できる。できる人に劣等感を抱き、プライドを保つため平気なふりをして虚勢を張る。マイペースで自分至上主義な新人社員の態度の裏には、自信を喪失し、どうしていいかわからない心理があった。今どきではなく、時代を超越した若者の普遍的な苦悩。「今どきの新人類は……」と言われる新入社員の多くは、心の中で来栖のように辛く苦しんでいるのではないだろうか。

 そんな来栖のいいところをすぐに挙げられる結衣がいい。

 「シュレッダーのゴミとかさ、まめに替えてくれたりしてるじゃん」(結衣)

 あ〜、これは大きい。やってくれると助かるんだ……。


わたし、定時で帰ります。 失敗で全否定せず、いいところを見てくれている、うらやましい イラスト/まつもとりえこ

平成最後の日にこのエピソードが放送された理由

 そして、向井理演じる晃太郎。叱るところは叱って反省を促し、絶妙なところで褒めて伸ばす。「一生勝てる気がしない」と仰ぎ見ていた上司から「やれるか?」と問われ、あからさまに来栖は意気に感じた。ユースケ・サンタマリア演じる“ブラック上司”福永清次と晃太郎の対比もくっきりである。このドラマ、新人の悪いところを描写しながら、昭和のまずい部分もしっかりクローズアップしている。フェアだと思う

 第3話が放送されたのは4月30日。軒並み、どの局も改元特番を放送していた。そんな中、このドラマだけは文字通り定時を守って放送されたのだ。令和に羽ばたく新人の未来を願っていた気がしてならない。新時代につながる平成最後の連ドラとして、見事に締めくくってくれたと思う。

1話見どころ

2話見どころ

寺西ジャジューカ

ライター 

Facebook

まつもとりえこ

イラストレーター&ライター

Twitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」