ニュース
» 2019年05月16日 15時12分 公開

軽減税率対応電卓がカシオから登場 10%と8%が混在する消費税計算を簡単に

10月から大変ですもんね……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 10月からの軽減税率制度導入に向けて、10%と8%の税率が混在する計算に対応する電卓をカシオ計算機が6月7日に発売します。「JF-200RC」と「DF-200RC」の、サイズとキーレイアウトが異なる2機種を用意(オープン価格)。メーカー想定価格は前者が2980円、後者が3980円となっています(全て税別)。


JF-200RC ジャストタイプのJF-200RCは181.5×108×23.4ミリで、質量は160グラム

DF-200RC デスクタイプのDF-200RCは179×126×30.9ミリ、180グラム

 税計算用のボタンが2系統用意されており、それぞれに個別の税率を設定可能。「税計算合計」キーとの組み合わせで、税込総額・税抜総額・税総額の算出ができます。普通の電卓ならば10%の品目を計算してから8%の計算をと、税率別に計算してからまとめなくてはならないところを、順序を考えずに足せるので計算が楽になります。


計算例 お酒(税抜1000円/税率10%)1本とジュース(税抜150円/税率8%)1本、雑誌(税抜620円/税率10%)1冊の合計額を求めた計算例。税率の異なる品目を、順不同で入力してもOKです。結果からどちらかの税率のみの額を表示することもできます

 計算結果から、税率ごとの税込総額・税抜総額・税総額を表示する機能も。これを利用すれば、2023年から始まる適格請求書等保存方式(インボイス制度)における、請求書や納品書に記載が必要な金額を一度に算出できます。


インボイス 総合計と消費税合計、税率ごとの総額および税総額が、請求書や納品書に必須となるインボイス制度にも対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.