ニュース
» 2019年05月28日 21時40分 公開

子どもだけずるい! キッザニアに任天堂のパビリオン、新しいコントローラーの開発を体験

Nintendo Laboを活用したお仕事。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 職業体験テーマパーク「キッザニア東京」「キッザニア甲子園」に、ゲーム会社を模したアクティビティが7月より新設。任天堂がオフィシャルスポンサーを務めます。


キッザニア「ゲーム会社」パビリオン 今夏オープンの「ゲーム会社」パビリオン

 「ゲーム会社」パビリオンは、子どもたちがゲームクリエイターの仕事を体験できる新コーナー。体験時間は約40分で、対象年齢は3歳〜15歳。他のアクティビティと同様に施設内通貨「キッゾ」を得られます。


キッザニア「ゲーム会社」パビリオン スーファミ色のユニフォームが可愛い

 具体的な業務は「ゲームを遊ぶための新しいコントローラーを開発する」という内容。Nintendo Switch搭載のコントローラー「Toy-Con」の仕組みを学習したのちに、ほうき、ヘルメットなど身の回りの道具と組み合わせて、ジャイロセンサーを活用した新しいゲーム操作方法を考えます。

 実際にプログラムと組み合わせ、最後にはオリジナルのコントローラーをテストプレイ。ゲームクリエイターに必要な発想力やチャレンジする大切さを学ぶことがコンセプトです。


キッザニア「ゲーム会社」パビリオン 外観イメージ

 小学生の「将来なりたい職業」ランキング(男子部門、日本FP協会調べ)では、「ゲーム製作関連」の上位入りが通例に。今回の新アクティビティを心待ちにしていた子どもも多いのではないでしょうか。「ゲーム会社」パビリオンのオープン日は「キッザニア甲子園」が7月12日16時、「キッザニア東京」が7月16日16時です。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.