コラム
» 2019年07月14日 19時40分 公開

平成一桁生まれが「社会人になってから」YouTuberにハマったワケ(1/3 ページ)

大学時代は全く見なかった。でも気付けば、大好きでしょうがなくなっていた。

[みやかわゆき,ねとらぼ]

 YouTuberにハマった。

 目新しすぎる職業であるそれを、つい数カ月前まで「子どもが見るものだ、子どもだましだ」と見くびっていて、大学時代は全くYouTuberなんて見なかった。

 その私が、どうして社会人になってから急にハマってしまったのか。

 実際、確かに、初めて動画を見始めたときは、異常なことに異常な労力や時間や金をつぎ込み、大した結果を生むことなくただ部屋を汚して、5分ぐらいでなんの前触れもなく終わる動画に戸惑った。

 でも、「面白くないじゃん」とブラウザを閉じる気にもならず、なぜか、見るのをやめられない。

 気付けば私は、YouTuberのことが愛しくてたまらなくなっていた。それはどうしてだったのだろう?

YouTuber 会社員になってから、YouTuberにハマった。YouTubeドリームに魅せられた(画像は動画から

みやかわゆき

平成8年(1996年)生まれ。会社員。毎日の日課は推しYouTuberたちの新着動画チェック。


社会人1年目の出会い

 私は、去年の春に大学を卒業して、社会人になったばかりの夏にYouTuberに出会った。

 当時、感じていたことと言えば「お金で解決できること以外の自由は利かなくなった」という窮屈さ

 自分でお金を稼げる誇りも責任感もあるし、金銭面に関してだけ言えば学生時代より格段にやれることの幅が広がったのは事実だ。でも、就職して、少しは今までより背筋を伸ばしてきっちり生活しようと意識した途端に、反動でくだらないことを考えたりしてみたりバカやって遊んだりしたくてたまらなくなった。

 「去年までにやっとけばよかったのに」と言われたらそれまでなんだけれど、こればっかりは本当に失って初めて気付いた。そんなことをしている時間はもう、全然なくなっていたのだ。

 そんな中で出会ったのが、YouTuberたちだった。

 彼らは、彼らが労力と時間と金を費やしてやり遂げたバカらしいことを、たった数分程度の動画に編集して見せてくれる。

 私はただ、仕事や忙しい生活の合間に、それを見て笑うだけ。

 それだけのはずなんだけど、「去年みたいに夏休みに友達といろんなところへ行けなかったなあ」と、大学時代の永遠みたいに長い夏休みに思いを馳せていた私の寂しさを救ってくれたのは、無人島でムチャな生活をしてこんがり日焼けする「水溜りボンド」だったり、アスレチックを駆け回る「フィッシャーズ」だったりした。

 社会人になって襟を正さなきゃいけない私の代わりに、YouTuberたちは社会への体裁も名誉も品格も飛び越えて、最高に無意味でクレイジーなことをやってみせてくれる。

 バカみたいなことを大の大人が一生懸命やって、ドロドロになっている姿は、やるせない失敗に見えたり、無駄なことに感じられたりするだろう。

 でも、そういうものを通勤電車に揺られながら、あるいは休憩時間にタバコを吸いながら、たった5分や10分楽しむことができるだけで、私は知らず知らずのうちに子ども心を取り戻していた。

YouTuber 無人島で生活する水溜りボンド(画像は動画から
YouTuber アスレチックを駆け回るフィッシャーズ(画像は動画から

ならず者を装う美学

 YouTuber本人の口からも動画で聞いたことがあるが、彼らはよく世間から「働かないで遊んでるだけ」と言われることがある。

 この不名誉なレッテルこそが、彼らの美学に直接通じているのだと私は考える。

 昨今の売れっ子なんかは、動画の企画力、編集力が高く、シャベリも桁違いにうまいキレ者も多い。けれど、彼らの多くは、「人を笑顔にしたい」「お金持ちになりたい」などの何か大きな意味があることを望んでYouTuberになったわけではない。

 彼らは最初、自分たちの楽しいと思うことを記録しておこうと思っただけだった。

 今や日本のYouTuber界のレジェンドであるHIKAKINがチャンネル「HikakinTV」を開設したとき、初投稿動画でこう語っていた。

 「これからこのチャンネルで、ビデオブログをやっていこうと思う」

 「ネット上に自分の記録が残っていれば、自分の息子や孫が数十年後に『ヒカキン』と検索すれば、自分が20代のときに何をしていたのか、いつでも誰でも見ることができる。自分が死んだ後も、誰かがそれにアクセスできる」

 初めは記録を目的とした行動だった。娯楽として見いだされ、人の目にさらされることによって、YouTuberという新たなひとつの職業を確立した今でも、彼らの主軸には自分の好奇心を第一とする“遊びの精神”が息づいている。

 チャンネル登録者数400万人突破を目前に控える、今乗りに乗っている人気YouTuber「水溜りボンド」は、元・大学生お笑いコンビという異色の経歴を持つクリエイターだが、「人を笑わせたい」という由緒正しきエンターテインメントのフィールドからやってきた彼らでさえも、「Quick Japan」のインタビューでこう語っている。

 「はじめた当時は100万人突破(※編集部注:チャンネル登録者数)のために『やりたくて数字が獲れるもの』と『やりたくないけど数字は獲れるもの』、このふたつに絞ってたんですよ。でもやりたくないっていうのはバレちゃうし、それこそ全部釣りのタイトルになっちゃうじゃないですか。そうなると視聴者は『明日も観よう』ってならないから信用を得られない。で、今は『やりたくて数字が獲れる』と『やりたくて数字が獲れない』のふたつだけやるようにしています」 (「Quick Japan」vol.142)

 ただ、今現在「YouTuber」と職業名がついていることに明らかなように、ただの記録だったものたちがエンターテイメンント性を帯びつつあり、動画自体の長さも長くなり、内容のクオリティーもあがり、行われる企画、検証のスケールも日に日に大きくなっていっている。

 それでも、自分たちが楽しいと純粋に思えることを真剣に追い求める、視聴者に媚びたりはしない、という態度が良い。私には、消費者であるこちら側のことをあまり意識せずに作りたいものを作ってくれる彼らの自由さが心地よいのだ。これは今まで触れてきたどんなエンタメにも感じたことのない新しいワクワクと癒やしをもたらしてくれる。

 たまには美術館や舞台に出向くのももちろん重要なことだけれど、日常的な娯楽には、この相互的な無責任さがちょうどいい。

 「遊んでるだけ」なのがいい。でも、たとえ遊びだって、ここまできたら命を削らざるを得ない。でも、命を削ってるだなんて、死んでも言わないのがかっこいい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」