平成一桁生まれが「社会人になってから」YouTuberにハマったワケ(1/3 ページ)

大学時代は全く見なかった。でも気付けば、大好きでしょうがなくなっていた。

» 2019年07月14日 19時40分 公開
[みやかわゆきねとらぼ]

 YouTuberにハマった。

 目新しすぎる職業であるそれを、つい数カ月前まで「子どもが見るものだ、子どもだましだ」と見くびっていて、大学時代は全くYouTuberなんて見なかった。

 その私が、どうして社会人になってから急にハマってしまったのか。

 実際、確かに、初めて動画を見始めたときは、異常なことに異常な労力や時間や金をつぎ込み、大した結果を生むことなくただ部屋を汚して、5分ぐらいでなんの前触れもなく終わる動画に戸惑った。

 でも、「面白くないじゃん」とブラウザを閉じる気にもならず、なぜか、見るのをやめられない。

 気付けば私は、YouTuberのことが愛しくてたまらなくなっていた。それはどうしてだったのだろう?

YouTuber 会社員になってから、YouTuberにハマった。YouTubeドリームに魅せられた(画像は動画から

みやかわゆき

平成8年(1996年)生まれ。会社員。毎日の日課は推しYouTuberたちの新着動画チェック。


社会人1年目の出会い

 私は、去年の春に大学を卒業して、社会人になったばかりの夏にYouTuberに出会った。

 当時、感じていたことと言えば「お金で解決できること以外の自由は利かなくなった」という窮屈さ

 自分でお金を稼げる誇りも責任感もあるし、金銭面に関してだけ言えば学生時代より格段にやれることの幅が広がったのは事実だ。でも、就職して、少しは今までより背筋を伸ばしてきっちり生活しようと意識した途端に、反動でくだらないことを考えたりしてみたりバカやって遊んだりしたくてたまらなくなった。

 「去年までにやっとけばよかったのに」と言われたらそれまでなんだけれど、こればっかりは本当に失って初めて気付いた。そんなことをしている時間はもう、全然なくなっていたのだ。

 そんな中で出会ったのが、YouTuberたちだった。

 彼らは、彼らが労力と時間と金を費やしてやり遂げたバカらしいことを、たった数分程度の動画に編集して見せてくれる。

 私はただ、仕事や忙しい生活の合間に、それを見て笑うだけ。

 それだけのはずなんだけど、「去年みたいに夏休みに友達といろんなところへ行けなかったなあ」と、大学時代の永遠みたいに長い夏休みに思いを馳せていた私の寂しさを救ってくれたのは、無人島でムチャな生活をしてこんがり日焼けする「水溜りボンド」だったり、アスレチックを駆け回る「フィッシャーズ」だったりした。

 社会人になって襟を正さなきゃいけない私の代わりに、YouTuberたちは社会への体裁も名誉も品格も飛び越えて、最高に無意味でクレイジーなことをやってみせてくれる。

 バカみたいなことを大の大人が一生懸命やって、ドロドロになっている姿は、やるせない失敗に見えたり、無駄なことに感じられたりするだろう。

 でも、そういうものを通勤電車に揺られながら、あるいは休憩時間にタバコを吸いながら、たった5分や10分楽しむことができるだけで、私は知らず知らずのうちに子ども心を取り戻していた。

YouTuber 無人島で生活する水溜りボンド(画像は動画から
YouTuber アスレチックを駆け回るフィッシャーズ(画像は動画から

ならず者を装う美学

 YouTuber本人の口からも動画で聞いたことがあるが、彼らはよく世間から「働かないで遊んでるだけ」と言われることがある。

 この不名誉なレッテルこそが、彼らの美学に直接通じているのだと私は考える。

 昨今の売れっ子なんかは、動画の企画力、編集力が高く、シャベリも桁違いにうまいキレ者も多い。けれど、彼らの多くは、「人を笑顔にしたい」「お金持ちになりたい」などの何か大きな意味があることを望んでYouTuberになったわけではない。

 彼らは最初、自分たちの楽しいと思うことを記録しておこうと思っただけだった。

 今や日本のYouTuber界のレジェンドであるHIKAKINがチャンネル「HikakinTV」を開設したとき、初投稿動画でこう語っていた。

 「これからこのチャンネルで、ビデオブログをやっていこうと思う」

 「ネット上に自分の記録が残っていれば、自分の息子や孫が数十年後に『ヒカキン』と検索すれば、自分が20代のときに何をしていたのか、いつでも誰でも見ることができる。自分が死んだ後も、誰かがそれにアクセスできる」

 初めは記録を目的とした行動だった。娯楽として見いだされ、人の目にさらされることによって、YouTuberという新たなひとつの職業を確立した今でも、彼らの主軸には自分の好奇心を第一とする“遊びの精神”が息づいている。

 チャンネル登録者数400万人突破を目前に控える、今乗りに乗っている人気YouTuber「水溜りボンド」は、元・大学生お笑いコンビという異色の経歴を持つクリエイターだが、「人を笑わせたい」という由緒正しきエンターテインメントのフィールドからやってきた彼らでさえも、「Quick Japan」のインタビューでこう語っている。

 「はじめた当時は100万人突破(※編集部注:チャンネル登録者数)のために『やりたくて数字が獲れるもの』と『やりたくないけど数字は獲れるもの』、このふたつに絞ってたんですよ。でもやりたくないっていうのはバレちゃうし、それこそ全部釣りのタイトルになっちゃうじゃないですか。そうなると視聴者は『明日も観よう』ってならないから信用を得られない。で、今は『やりたくて数字が獲れる』と『やりたくて数字が獲れない』のふたつだけやるようにしています」 (「Quick Japan」vol.142)

 ただ、今現在「YouTuber」と職業名がついていることに明らかなように、ただの記録だったものたちがエンターテイメンント性を帯びつつあり、動画自体の長さも長くなり、内容のクオリティーもあがり、行われる企画、検証のスケールも日に日に大きくなっていっている。

 それでも、自分たちが楽しいと純粋に思えることを真剣に追い求める、視聴者に媚びたりはしない、という態度が良い。私には、消費者であるこちら側のことをあまり意識せずに作りたいものを作ってくれる彼らの自由さが心地よいのだ。これは今まで触れてきたどんなエンタメにも感じたことのない新しいワクワクと癒やしをもたらしてくれる。

 たまには美術館や舞台に出向くのももちろん重要なことだけれど、日常的な娯楽には、この相互的な無責任さがちょうどいい。

 「遊んでるだけ」なのがいい。でも、たとえ遊びだって、ここまできたら命を削らざるを得ない。でも、命を削ってるだなんて、死んでも言わないのがかっこいい。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」