ニュース
» 2019年07月20日 11時00分 公開

「うなうなディスコ〜♪」 スーパーで流れる謎のうなぎソングは何なのか? 制作元に聞いた

曲名は「うなディスコ」。USEN-NEXT GROUPのUSENが制作しました。

[ねとらぼ]

 「うなうなディスコ〜♪ うなうなディスコ〜♪」――土用の丑の日が近くなると一部のスーパーで流れる歌。聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。この歌は一体何なのか? 制作したUSEN-NEXT GROUP株式会社USENの広報を担当しているUSEN-NEXT HOLDINGS広報部マネージャーの清水さやかさんと、USENの制作担当者に聞きました。

平和堂が投稿した「うなディスコ」採用の動画

「うなディスコ」が生まれた背景

 この歌のタイトルは「うなディスコ」。うなぎの販促ソングとしてUSEN-NEXT GROUPのUSENが2014年ごろに制作しました。

うなディスコ うなぎ商戦になるとあの曲が……

 USENではスーパーやコンビニなど、企業向け店内放送コメントを年間2万本近く制作しています。過去の制作実績データから、2月の恵方巻き、7〜8月のうなぎのコンテンツ制作依頼が圧倒的に多いことが分かり、「これだけ需要があるコンテンツだから、もっと違った方法で何かできないか? 歌にすることでもっと訴求力が増すのではないか?」と考えたのがきっかけでした。

 当時、USEN社内で販促ソングはまだそれほどメジャーなコンテンツではなかったため、軽い気持ちで恵方巻きソング「恵方ロールちゃんのうた」をデモ制作。意外と社内受けがよく、企業の採用率も高かったことから手応えがわいたとしています。そして第2弾として生まれたのが「うなディスコ」でした。

 「販促ソング制作の大前提として、“遊び心”は忘れない。とはいえ、企画・制作段階では、いいじゃん! 面白いじゃん! で内輪で盛り上がっていましたが、レコーディングで歌入れして、いざ曲が出来あがってみたら、このサウンドは遊びすぎじゃないか!? この方向性でいいのか!? と少々不安になったりもしました。大当たり、大外し、どちらだろう? みたいな(笑)。そんな経緯で比較的フィーリング重視で制作されたのが、『うなディスコ』です」(担当者)

制作したのは?

 制作にあたったのは、「USEN クリエイターズ」というグループ。USENの音声コンテンツ制作を専門とする部署で、DTMによる音楽制作に精通した社員が集まったチームです。「当初は部活的なノリから始まった集まり」だったそうで、2人から始まって、徐々に増えて最大で6人体制になっています。

 案件次第で、歌詞やメロディー、レコーディングなど役割分担し、企画はしっかり考えつつ、サウンドの方向性や歌詞の言葉選びはいい意味で緩い雰囲気の会議でアイデア出しをしているとのこと。

こだわりは“ダサポップ”

 販促ソングの制作は良くも悪くも「コンパクトに強烈なもの」を常に意識していると担当者。放送する場がお店ということで、来店客からのクレームにならない程度のポップさと「なんか気になる」のギリギリラインをキープすることがこだわりといいます。

 「なんのひねりもなく土用丑の日をテーマとした楽曲を漠然と想像してみてください。多くの方が、威勢の良い和風、和太鼓ドンドン! みたいなものをイメージされるのかなと思います。でも、そうではなく、もっとダサポップなもの、いい意味でぶち壊し系で行きたいな、と。ミラーボールのあるお立ち台でうなぎガールズたちが扇子片手にクネクネ、ノリノリで踊っているようなものをまずイメージしました。絵的には完全ジュリアナです(笑)」(担当者)

 そんな考えから「うなぎ、ディスコ」→「うなぎ+ディスコ」→「うなぎスコ」→「うなディスコ!!」という言葉がパッと浮かんだそうです。「うなディスコ」という言葉のインパクトが強く、これ以外のタイトルは考えられなかったとか。歌詞はスラスラと、「いい感じにダサくて、昭和感あるもの」が書けたとしています。

うなうなディスコ

うなうなディスコ

今夜はバブリー

うなぎのぼり

うなうなディスコ

うなうなディスコ

たまにはぜいたく

ゴージャスいいじゃない♪

うなディスコ

 アレンジは「迷わず冒頭からダサい、インパクト全開オーケストラヒットを使用」したとのこと。全体的にはノリの良い懐メロポップス、ボーカルは昭和アイドル風かつ元気で明るくストンと耳に入る声を採用し、間奏には、土用の丑の日を広めたと言われる平賀源内風ラッパーで和風ブレイクビーツっぽく。「結果、いろんな『ダサい』『ウザい』が詰まった『なんか気になる』サウンドになったのかもしれません」(担当者)

問い合わせ多数

 「うなディスコ」は現在、のべ63社から導入依頼が来ているといいます。ほとんどがスーパーやコンビニなど当初想定していたマーケットで、結果的に狙いは「ドンピシャ」だったと担当者。年を経るごとに問い合わせや要望が多く寄せられており、企業の用意したうなぎ販促の動画にBGMとして採用される例も。

 「ダサくてウザくて、でもなぜか気になって。ついつい口ずさんでしまう『うなディスコ』、今月の7月27日は土用の丑の日です。たくさんの企業様、そしてお買い物中のお客様にお聴きいただければ幸いです」(担当者)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」