レビュー
» 2019年08月09日 10時10分 公開

山田涼介「セミオトコ」2話ラストシーンの謎 寝ているセミオにおかゆが「許可を得ない」キスをしてしまったのはなぜなんだ?(1/2 ページ)

「お仕事ってなんですか?」「仕事とは、生きることだ」。

[むらたえりか, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 「おはよう、世界! おはよう、おかゆさん! わーい!」

 8月2日(金)放送の金曜ナイトドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)第2話。セミは7日しか生きられないと言われたセミオ(山田涼介)は、「『7日しか』ではなく『7日も』なんです」と返した。ドラマの途中で差し込まれた、朝のセミオの様子。太陽が登ったことを喜び、日の光を身体いっぱいに浴びる。大きく口を開け笑いながら2階の窓から「わーい!」と飛び立っていった。まだ地上に出てきて2日目のセミオ、ピュアで元気だ。


セミオトコ 2日目のセミオ(山田涼介)、ピュアで元気 イラスト/たけだあや

「“お仕事”ってなんですか?」「仕事とは、生きることだ」

 「消えたい」と口をついて出てしまうほど人生を諦めていた大川由香(木南晴夏)こと「おかゆ」。おかゆのもとに恩返しにやってきたセミは、彼女が住むアパート「うつせみ荘」の住人たちに見つかってしまう。

 おかゆ「彼は、私の王子様ですから!」

 大家のくぎこ(檀ふみ)とねじこ(阿川佐和子)にそう叫ぶおかゆに、「そうだね」とでも言っているかのような慈愛の笑顔を向けるセミ。くぎこ・ねじこに名前をたずねられ、おかゆが「セミオくんです!」と答えたことで、ようやく名前も決まった。

 7日間の命を持って、セミオはおかゆを幸せにするためにやってきた。本作のキーワードは「生きること」「幸せ」。セミオと一緒にいたくて仕事を仮病で休もうとするおかゆに、セミオは質問する。

 セミオ「“お仕事”ってなんですか?」

 美奈子「ピュアな質問とかすんな。嫌いだそういうの」

 セミが嫌いだというデザイナー志望の女の子・美奈子(今田美桜)が切り捨てる。それを、謎の病弱中年男性・小川(北村有起哉)が拾う。

 小川「仕事とは、生きることだ。生きることそのものが、人間にとっての仕事とも言える」

 「ほお……」と関心するセミオ。いまはずっと「うつせみ荘」にいる小川だが、かつては人生で一番仕事を大切にしていたのだという。

 一方、おかゆの先輩・翔子(佐藤仁美)は、おかゆが仮病で欠勤の連絡をしてきたのは、自分のキツい言葉に原因があるのではと責任を感じていた。


セミオトコ 大家さんはくぎこ(檀ふみ)とねじこ(阿川佐和子) イラスト/たけだあや

 翔子「休みはわかったけど、辞めたりしないでね。あなた地味だけど、手を抜かずに一生懸命働いてること、私、いや、みんなわかってるから。ちゃんとわかってるから。だから、辞めたりしないで。本当にごめんなさい。一度も休んでないのに、下手な芝居してずる休みさせて、本当、ごめんね」

 翔子は罪悪感から「みんなわかってる」と言ってくれたが、おかゆがこれまで欠勤していないことや真面目に働いていることを知っているのは、たぶん翔子だけだ。上司の柴田(山野海)は、おかゆは休んだことがないと聞いても「そうだっけ」と流していたし……。

必死に走っているのにすごく足が遅い

 それでも、翔子ひとりが働きぶりをちゃんと見ていてくれたということが、おかゆは嬉しい。みんなが広く浅く称賛してくれることよりも、ひとりがしっかりと自分を見守っていてくれた事実のほうが、深く心に刺さることもある。

 遅刻しながらも急いで職場に向かうおかゆが、必死に走っているのにすごく足が遅いところが彼女らしい。

 翔子「変な人」

 おかゆ「え、私がですか」

 翔子「そう、変わってるよね」

 おかゆ「言われたことないです。というか、あんまり印象がないみたいで……」

 セミオのおかげで、おかゆは自分の思いをたくさん話せるように変わった。27年分の思いと言葉。まだ蛇口の調節が上手にできなくて、水道全開で出しっぱなしの水のように気持ちと言葉が流れ出続ける。それでも間に合わず、溢れてくるもので身体はパンパンになり、涙まで出てくる。そんなおかゆを見て、翔子は「変な人」と笑って認めてくれた。

 仕事とは、生きることとは、自分をちゃんと見てくれて「あなたってこんな人」と認めてくれる人と出会っていくことでもあった。

ピュアなセミオがおかゆたちの潤滑油になる

 「幸せにしたいんだ? おかゆさんを」

 セミオ「はい、そのために来たんです」

 (山崎静代)、くぎこ、ねじことセミオのお茶会。セミオの好きなメープルシロップをお茶に入れて「素晴らしい」と声を揃えて飲む。

 くぎこ「そう思ってくれる人がいるってことが、一番幸せなんじゃないかなあ」

 ねじこ「本当。大好きなんだ」

 セミオは、くぎことねじこ、春とマサ(やついいちろう)もお互いに思い合っていて幸せだと言う。でも、春、くぎこ、ねじこは「うーん、そうなんだけどさあ……」と目をそらす。誰かから「幸せにしたい」と思ってもらえるって幸せ。それもひとつの幸せかもしれないが、本作の結論はまだそこではないようだ。

 幸せだった仕事を手放した小川。赤ちゃんと3人で写る写真を隠している春とマサ夫婦。思い通りにいかなくて奇声をあげる美奈子。仲が良いはずなのにケンカばかりのくぎことねじこ。そして、「消えたい」と思っていたおかゆ。

 それぞれに何か心につっかえているものがある。そのせいで意地になったり誤魔化そうとしたりして、コミュニケーションにちょっとしたズレが生まれる。そのズレが見ていて面白くもあるのだが、彼らの生きづらさにも繋がっていて表裏一体だ。

 美奈子は「ピュアな質問は嫌い」と言っていたが、地上に出てきたばかりのセミオがピュアな質問をして、潤滑油のようにコミュニケーションをなめらかにしていく。

 「おかゆってなんですか」というセミオの質問から、住人全員で一緒にお粥を食べた。由香のことを、みんなで「おかゆ」と呼ぼうという話にもなった。セミオの参加で、コミュニティが育とうとしつつある。


セミオトコ うつせみ荘のみなさん。セミオとの7日間でどうなる? イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」