レビュー
» 2019年08月09日 10時10分 公開

山田涼介「セミオトコ」2話ラストシーンの謎 寝ているセミオにおかゆが「許可を得ない」キスをしてしまったのはなぜなんだ?(1/2 ページ)

「お仕事ってなんですか?」「仕事とは、生きることだ」。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「おはよう、世界! おはよう、おかゆさん! わーい!」

 8月2日(金)放送の金曜ナイトドラマ「セミオトコ」(テレビ朝日系)第2話。セミは7日しか生きられないと言われたセミオ(山田涼介)は、「『7日しか』ではなく『7日も』なんです」と返した。ドラマの途中で差し込まれた、朝のセミオの様子。太陽が登ったことを喜び、日の光を身体いっぱいに浴びる。大きく口を開け笑いながら2階の窓から「わーい!」と飛び立っていった。まだ地上に出てきて2日目のセミオ、ピュアで元気だ。


セミオトコ 2日目のセミオ(山田涼介)、ピュアで元気 イラスト/たけだあや

「“お仕事”ってなんですか?」「仕事とは、生きることだ」

 「消えたい」と口をついて出てしまうほど人生を諦めていた大川由香(木南晴夏)こと「おかゆ」。おかゆのもとに恩返しにやってきたセミは、彼女が住むアパート「うつせみ荘」の住人たちに見つかってしまう。

 おかゆ「彼は、私の王子様ですから!」

 大家のくぎこ(檀ふみ)とねじこ(阿川佐和子)にそう叫ぶおかゆに、「そうだね」とでも言っているかのような慈愛の笑顔を向けるセミ。くぎこ・ねじこに名前をたずねられ、おかゆが「セミオくんです!」と答えたことで、ようやく名前も決まった。

 7日間の命を持って、セミオはおかゆを幸せにするためにやってきた。本作のキーワードは「生きること」「幸せ」。セミオと一緒にいたくて仕事を仮病で休もうとするおかゆに、セミオは質問する。

 セミオ「“お仕事”ってなんですか?」

 美奈子「ピュアな質問とかすんな。嫌いだそういうの」

 セミが嫌いだというデザイナー志望の女の子・美奈子(今田美桜)が切り捨てる。それを、謎の病弱中年男性・小川(北村有起哉)が拾う。

 小川「仕事とは、生きることだ。生きることそのものが、人間にとっての仕事とも言える」

 「ほお……」と関心するセミオ。いまはずっと「うつせみ荘」にいる小川だが、かつては人生で一番仕事を大切にしていたのだという。

 一方、おかゆの先輩・翔子(佐藤仁美)は、おかゆが仮病で欠勤の連絡をしてきたのは、自分のキツい言葉に原因があるのではと責任を感じていた。


セミオトコ 大家さんはくぎこ(檀ふみ)とねじこ(阿川佐和子) イラスト/たけだあや

 翔子「休みはわかったけど、辞めたりしないでね。あなた地味だけど、手を抜かずに一生懸命働いてること、私、いや、みんなわかってるから。ちゃんとわかってるから。だから、辞めたりしないで。本当にごめんなさい。一度も休んでないのに、下手な芝居してずる休みさせて、本当、ごめんね」

 翔子は罪悪感から「みんなわかってる」と言ってくれたが、おかゆがこれまで欠勤していないことや真面目に働いていることを知っているのは、たぶん翔子だけだ。上司の柴田(山野海)は、おかゆは休んだことがないと聞いても「そうだっけ」と流していたし……。

必死に走っているのにすごく足が遅い

 それでも、翔子ひとりが働きぶりをちゃんと見ていてくれたということが、おかゆは嬉しい。みんなが広く浅く称賛してくれることよりも、ひとりがしっかりと自分を見守っていてくれた事実のほうが、深く心に刺さることもある。

 遅刻しながらも急いで職場に向かうおかゆが、必死に走っているのにすごく足が遅いところが彼女らしい。

 翔子「変な人」

 おかゆ「え、私がですか」

 翔子「そう、変わってるよね」

 おかゆ「言われたことないです。というか、あんまり印象がないみたいで……」

 セミオのおかげで、おかゆは自分の思いをたくさん話せるように変わった。27年分の思いと言葉。まだ蛇口の調節が上手にできなくて、水道全開で出しっぱなしの水のように気持ちと言葉が流れ出続ける。それでも間に合わず、溢れてくるもので身体はパンパンになり、涙まで出てくる。そんなおかゆを見て、翔子は「変な人」と笑って認めてくれた。

 仕事とは、生きることとは、自分をちゃんと見てくれて「あなたってこんな人」と認めてくれる人と出会っていくことでもあった。

ピュアなセミオがおかゆたちの潤滑油になる

 「幸せにしたいんだ? おかゆさんを」

 セミオ「はい、そのために来たんです」

 (山崎静代)、くぎこ、ねじことセミオのお茶会。セミオの好きなメープルシロップをお茶に入れて「素晴らしい」と声を揃えて飲む。

 くぎこ「そう思ってくれる人がいるってことが、一番幸せなんじゃないかなあ」

 ねじこ「本当。大好きなんだ」

 セミオは、くぎことねじこ、春とマサ(やついいちろう)もお互いに思い合っていて幸せだと言う。でも、春、くぎこ、ねじこは「うーん、そうなんだけどさあ……」と目をそらす。誰かから「幸せにしたい」と思ってもらえるって幸せ。それもひとつの幸せかもしれないが、本作の結論はまだそこではないようだ。

 幸せだった仕事を手放した小川。赤ちゃんと3人で写る写真を隠している春とマサ夫婦。思い通りにいかなくて奇声をあげる美奈子。仲が良いはずなのにケンカばかりのくぎことねじこ。そして、「消えたい」と思っていたおかゆ。

 それぞれに何か心につっかえているものがある。そのせいで意地になったり誤魔化そうとしたりして、コミュニケーションにちょっとしたズレが生まれる。そのズレが見ていて面白くもあるのだが、彼らの生きづらさにも繋がっていて表裏一体だ。

 美奈子は「ピュアな質問は嫌い」と言っていたが、地上に出てきたばかりのセミオがピュアな質問をして、潤滑油のようにコミュニケーションをなめらかにしていく。

 「おかゆってなんですか」というセミオの質問から、住人全員で一緒にお粥を食べた。由香のことを、みんなで「おかゆ」と呼ぼうという話にもなった。セミオの参加で、コミュニティが育とうとしつつある。


セミオトコ うつせみ荘のみなさん。セミオとの7日間でどうなる? イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2312/02/news048.jpg 「明らかに写真と違う」 東京クリスマスマーケットのフードメニューが物議…… 購入者は落胆「悲しかった」
  2. /nl/articles/2312/03/news054.jpg 藤本美貴、“全然かわいくない値段”のテスラにグレードアップ スマホ一つでの注文に「震えちゃ〜う!」
  3. /nl/articles/2312/02/news075.jpg 黒木啓司の妻・宮崎麗果、1年空けずにフェラーリを追加購入 愛車は高級外車ぞろい「何台目!?」「カッコいいの一言」
  4. /nl/articles/2312/07/news009.jpg 「入居者が全くいない」ボロボロの築古アパートをリノベしたら……? 驚愕の“激変ぶり”に「すてきです!」
  5. /nl/articles/2312/03/news018.jpg 黒猫に見えるニャンコ、“かわいすぎる秘密”をかくし持っていた……! まさかの事実に「じゃないんだ」「白い……!」
  6. /nl/articles/2312/03/news015.jpg ハムスターが「寒い寒い!」とスライディングお布団→「スヤァ」 人間味あふれる“ぬくぬく姿”が「可愛すぎ注意」と話題
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2312/03/news012.jpg 猫たちがストーブの特等席を陣取るが、大事な事に気付き…… 「おかあさーん!!」とシンクロで訴える姿に冬の訪れを感じる
  9. /nl/articles/2312/02/news003.jpg ちいかわデザインのおくすり手帳を開いたら……? “まさかの中身”に衝撃走る「絶対に笑ってはいけない」
  10. /nl/articles/2311/30/news197.jpg 一世風靡の52歳元アイドル、がん受診の遅れ巡って後悔しきり 同じ病で亡くした母思い「怖さわかってるはずなのに」「自業自得なんです」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「酷すぎる」「不快」 SMAPを連想させるジャンバリ.TVのCMに賛否両論
  2. 会話できる子猫に飼い主が「飲み会行っていい?」と聞くと…… まさかの返しに大反響「ぜったい人間語分かってる」
  3. 実は2台持ち! 伊藤かずえ、シーマじゃない“もう一台の愛車”に驚きの声「知りませんでした」 1年点検時に本人「全然違う光景」
  4. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 西城秀樹さんの20歳長男、「デビュー直前」ショットが注目の的 “めちゃくちゃカッコいい”声と姿が「お父さんの若い頃そっくり」「秀樹が喋ってるみたい」
  7. “危険なもの”が体に巻き付いた野良猫、保護を試みると……? 思わずため息が出る結末に「助けようとしてくれてありがとう」【米】
  8. 「やばい電車で見てしまった」「おなか痛い、爆笑です」 カメがまさかの乗り物で猫を追いかける姿が予想外の面白さ
  9. おつまみの貝ひもを食べてたら…… まさかのお宝発見に「良いことありそう」「すごーい!」の声
  10. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」