ニュース
» 2019年08月24日 09時00分 公開

産後には“鬼”がやってくる 産後に陥るイライラ状態への対処をアドバイスする漫画が参考になる

プレママや産後の奥さんを持つパパさんに読んでほしい。

[林美由紀,ねとらぼ]

 産後に陥るイライラ状態を「鬼」と例えて、その心理状態や様子、対処法などについて詳しく書いた漫画「産後に現る鬼の飼い方」がためになると話題です。作者はヲポコ(@wopocco)さん。


産後に現る鬼の飼い方12 産後に陥る状態を“鬼”と表現して対処法をアドバイス

 自分自身、落ち着いてはきたものの6年ほど“鬼”を飼っているというヲポコさん。その際に気付いたことを、プレママや最近奥さんがイライラしたり無表情になっていたりするパパ向けにまとめています。

 ヲポコさんが言うには「鬼が出てこない方法はない」。鬼は来るものなので、それが強いか弱いか、うまく飼える(対処できる)かが重要になります。「ワンオペ」「無意識の男尊女卑意識を夫婦が持っている」「産後に自分や子どもにイレギュラーがあった」などの状況では、より強い鬼が来てしまう可能性があるといいます。

 産後出る「オキシトシン」は、幸せホルモンと言われながらも怒りっぽくなる作用も。さらに睡眠不足や赤ちゃんの世話で神経をすり減らすなどの要因が重なり、怒りのコントロールが難しくなってしまいます。そこでヲポコさんが考えた対処法は「一人時間と睡眠時間の確保」。週に1回、3時間から半日ほど一人で過ごせる時間があると良いと述べています。


産後に現る鬼の飼い方01


産後に現る鬼の飼い方02


産後に現る鬼の飼い方03


産後に現る鬼の飼い方04

 子どもについイライラしたり、夫に冷たくしてしまったり……そんなママを、ヲポコさんは「自分を責めなくていいんです。ずっと密着してたら誰でもそうなります」と労り、イライラしていると感じたら一人の時間が必要だと思って動いてほしいとアドバイスしています。

 しかし一人の時間を確保したくても夫に頼みづらい人もいるでしょう。ヲポコさんは、大体「パパの当事者意識の欠如」と「ママの甘え下手と頑張り癖」が原因と分析。ママが一人の時間を過ごしている間、パパはワンオペ育児をすることになり、「否が応でも当事者意識が付く」のでオススメだとしています。パパも最初は赤ちゃんに泣かれて大変かもしれませんが、ママと同じで「慣れるまでやるしかない」のです。

 またヲポコさんはパパに向けて、奥さんの気持ちは育児書などには書かれていないから本人にちゃんと聞くようにと呼びかけ。奥さんには、周りの人が大丈夫だったことでも、自分がつらいならつらいと主張していいと助言しています。


産後に現る鬼の飼い方05


産後に現る鬼の飼い方06


産後に現る鬼の飼い方07


産後に現る鬼の飼い方08


産後に現る鬼の飼い方09


産後に現る鬼の飼い方10


産後に現る鬼の飼い方11

 産後で特殊な体調だと認識する、一人の時間と睡眠時間を取る、里帰りなどヘルプを出す手段を用意しておく。そして鬼と向き合えるようになったら、自分が何に怒り何を求めているのか、要求をどう伝えるかを整理する、といったことをヲポコさんはアドバイスしています。またヲポコさん個人としては「口から吐き出すのが効果的」で、友達とおしゃべりしたり、ヒトカラしたり、好きなアイドルに歓声を上げたりするのもいいと話しています。

 産後は、自分でもよく分からない感情に陥ったり、心身ともに疲弊しているため、いつもは気にならない夫の態度が気になったり、イライラしたりしてしまうことも多々ありますよね。それは決して自分が悪い訳ではなく、そういう時期なので仕方ないと割り切って、夫と共同で子育てできるように当事者意識を持ってもらったり、助けを求める手段を確保したりすることが大切。ヲポコさんが言うように「一人時間」を作れる家庭にしておきたいですね。子どもはみんなで育てるんだ!

 読者からは「ほんと産後はまともではありません。ちなみに今は、ヒトカラに時間気にせず行ったりするのでだいぶコントロール出来てます。夫は二人目三人目と一人で見る時間があって成長しました」「家事育児してくれない夫がいたら『敵』として認識してしまう、とかテレビで見かけました」「不安なプレママなのでこれを見て安心しました。夫にも今から共有します。ありがとうございます!」などのコメントが寄せられています。

 ヲポコ(@wopocco)さんは、ブログ『ヲポポポコめも』で、産後クライシス、切迫早産。子育て漫画や育児用品のレビューなどについての記事を公開しています。

画像提供:ヲポコ(@wopocco)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる