インタビュー
» 2019年09月05日 14時00分 公開

社内に同人業界の“合コン請負人”がいたのでオタク向け婚活イベント始めました DLsiteの新たな取り組み、誕生経緯を聞いてみた

収益性については特に考えていないもよう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 先日、2次元コンテンツ販売サイト「DLsite」の懇親会行ったんですよ、懇親会。そしたらなんか同サービスの“中の人”が「うちで婚活イベントやることになったんです」と(関連記事)。で、詳しく聞いたら「同人クリエイターから『良い人紹介して』と相談を受けていたスタッフがいくつも合コンを開催していて、プライベートなのか仕事なのかよく分からなくなったから、会社としてやってみることに。今のところ、もうけを出すつもりはない」とか言うんですよ。

 もうね、意味がね、分からないよと。スタッフさんが合コンの相談を受けていた理由も分かりませんし、どうして「もうけを出すつもりはない」のに、会社として取り組むことにしたのでしょうか。小1時間問い詰めたいくらい不思議な点が多かったので、今回の企画を立ち上げることになったそのスタッフさん(Iさん・既婚女性)に話を伺ってみました。


参加者を募集している特設サイト

※ちなみに、DLsiteのイベントだけあって「アニメ、マンガ、ゲーム、コスプレにBL…それらを愛する皆さまに出会いの場を提供する」というコンセプト。「オタク」だらけの婚活イベントになりそうです



――― DLsiteで婚活イベントを行うことになった経緯は?

 Iさん(以下略):イベントなどでよくお話させていただくようになったサークル様にごあいさつする際、「誰かいい人紹介してよ」とお話をいただいたことがきっかけです。「知り合いからの紹介などは?」とお伺いすると、そういった異性との出会い(ツテ)があまりないということで、最初のとっかかりが必要であることに気付いたわけです。

 そういったご相談を受けて何回か私自身が合コンを主催してみたのですが、要望が多かったので、「DLsite」としてサポートするのはどうだろうかと考えました。弊社の企業理念「ユーザーとクリエイターが楽しみながら、幸せに生きていける社会にする」にもピッタリですし。

――― 恋愛関係の相談はけっこうハードルが高いと思うのですが、なぜIさんが相談を受けていたのでしょうか?

 イベントや打ち合わせ中の会話ですので込み入った相談ではなく、雑談しているうちに流れでそういう話になったんです。私はよく飲みに行くタイプですし、さまざまなクリエイター様、企業様とお話させていただく立ち位置だったので、「その中でもし良い人がいたら……」という気軽なご相談からの導入だったと思います。

――― 素朴な疑問なのですが、同人作品の制作に関わっているクリエイターさんは出会いが少ないものなのでしょうか?

 「個人のクリエイターとしてお仕事をされている」という点を考えると、自宅や職場にこもって作業を行うことが多くて、出会いがあまりないのかもしれません。

 私の周りに限った話になりますが、適齢期になると恋愛以上に「結婚相手を早く見つけたい」という気持ちから出会いを求める方が多くなるような気がします。また、周りで誰かが結婚すると、余計に意識するようになるのかもしれません。

――― どのような婚活イベントになりそうですか?

 いわゆる「オタク層」をターゲットにした婚活イベントはすでに多数存在しますし、弊社はガッツリというよりはゆるいオフ会のノリで、緊張せずにお相手と知り合える機会が作れれば、と思っています。

 今回は第1回ということで「○○限定」などの枠を設けなかったのですが、メインの募集告知はDLsite内で行っているため、参加者はクリエイターの方が多いのではないかと予想しています。

 まずは参加者の希望にあった会を開催できるかを念頭におき、そこがクリアできたら参加者の要望を取り入れて「クリエイター限定」「登録ユーザー限定」といったイベントを開催できたらうれしいなと思っています。

――― エイシスの他の方から「会社としてやってみることにしたけど、現時点ではこの分野で利益を出すつもりがない」と伺ったのですが……。

 はい。ひとまずは利益について考えておりません。休日出勤も厭いません!!(笑)。

 もともとクリエイター様やユーザー様の幸せを追求するといった理念のもと始めておりますし、お付き合いや成婚されたカップルがいらっしゃいましたら、「DLsiteで幸せがつかめたから新作登録してあげようかな、買ってあげようかな」と思っていただけましたら幸いです(笑)。

 親から子ども、お孫さんまでDLsiteを愛用していただける……そんなつながりが持てたら最高ですね。(当サービスは男性向け・女性向けに加え、全年齢も多数お取りそろえがございます!!)


 話をまとめると、同人クリエイターと仲良くなり、「出会いがほしい」という声を耳にしたIさんは合コンを主催。要望が多いため、Iさん個人ではなく会社として取り組もうと動いたのが今回の婚活イベント。誕生経緯からして「オタク」な人たちに出会いの場を提供することが主目的、といったところでしょうか。

 ちなみに、Iさんに「どういう人に参加してもらいたいのか」を伺ったところ、「ズバリ、『本気で出会いたい方』にお越しいただきたいです!! そして、同業他社様のサービスも併用しながら、幸せをつかみ取っていただきたいです」とのことでした。少なくとも、利益に全くつながらない他社サービスの利用まで推奨してしまうくらい、“出会い重視”のスタンスのようです。


DLsiteの“中の人”によるまとめ記事では、「オタクの人がたくさん参加します。ていうかオタクしかいないぞ!」「『婚活だから、婚活っぽいことを話さないと』なんて堅苦しく考えずに、安心して会話を楽しんでくださいね♪」と紹介

 なお、今回の企画の募集状況ですが、すでに男性から定員を大きく超える応募が集まっているとのこと。男性の参加受付は、9月5日中にいったん終了する予定だそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/26/news005.jpg ヨウム「うるさい!」 鳴き続ける猫に怒り心頭のヨウム、流ちょうな人間の言葉での文句に笑いがこみ上げる
  4. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  5. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
  6. /nl/articles/2104/19/news146.jpg 菊池桃子、振袖姿の19歳長女と2ショット 成人式で“大人の階段”上る娘に感極まり「準備段階なのに泣きそう」
  7. /nl/articles/2109/25/news062.jpg 「F1」ルイス・ハミルトン、ピットイン時の事故動画を自ら公開 事故後の対応へ称賛の声「これでこそチャンピオン」
  8. /nl/articles/2109/26/news041.jpg 石田ゆり子、ミルクボランティアで子猫を預かる 3時間おきの“授乳姿”に「尊敬します」「素晴らしい」と称賛の声
  9. /nl/articles/2109/25/news033.jpg 劇場版「鬼滅の刃」地上波初放送で新聞各紙が心を燃やす 「ちょっと待って」「新聞見たら煉獄さんがいたのでわあってなった」
  10. /nl/articles/2109/26/news048.jpg ハナコ岡部、「無限列車編」放送中の“煉獄さんコス”が話題に 「映画に集中できません」とよもやのハプニング

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」