ニュース
» 2019年09月23日 20時00分 公開

憧れのゲーセン店長はスゴ腕格ゲー女子 恋と勝負の行方が気になる漫画「ハイテクノリコ」

1人で店を切り盛りするノリコさんの、強さの秘訣とは?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 格ゲーが滅法強いゲーセン店長に恋をする漫画、「ハイテクノリコ」がTwitterで好評を博しています。強い人に憧れる気持ち、分かるわ〜。


アイキャッチ 店長と常連客が、対戦を通じて分かり合う(?)

 ヒロインのノリコは、ゲームセンター「ハイテクニック」(ハイテク)を1人で切り盛りする気丈な女性。心ない者から「100円でヤレる」などと良からぬうわさを立てられてはいますが、実際は「100円で格ゲーの挑戦を受ける」サービスをしている、いわば「店長兼チャンピオン」です。つまり、「100円で戦(や)れる」。


1P

2P

 そんな彼女に夢中なのが、常連客のコザキ。今のところは恋心よりも、むしろ格ゲーで勝ちたい思いのほうが強いようです。しかしながらノリコは手強く、対戦成績は当月だけで既に50敗。彼女とは「人間(としての)性能が違う」などと常連仲間にからかわれながらも、日々挑戦を続けます。


3P

4P

5P

 そんなある日、コザキは外回り中にノリコと遭遇。彼女もまた仕事中で、市場調査のため近所をまわっていたのです。「中小のゲーセンがどんどん潰れている」「人気の大型筐体が入れられない小さな店は、独自性がないと生き残れない」などシビアな事情を語りながらも、「ゲームにも不況にも負けねーよ」と笑い飛ばす彼女に、コザキはますます惹かれていくのでした。


6P

7P

8P

 その夜もコザキはノリコに挑みますが、打つ手をことごとく読み切られて、手も足も出ません。降参して教えを請うと、彼女は「相手をよく見ろ」とアドバイス。コザキは素直に受け止めて見学に回り、対戦相手の傾向を分析することの大切さに気付きます。


9P

10P

11P

12P

 そこに勝利の鍵を見出したのか、コザキは再びノリコに挑戦し、しかも「勝ったらデートしてください」と、大胆な賭けを提案。やっかいそうな電話にまいっていた彼女は最初こそ対戦に消極的でしたが、賭けの内容を聞くなり快諾しました。どうして? もしかして脈アリ?


13P

 イメージトレーニングの効果あってか、コザキはノリコの動きを読んで試合運びを優勢に。的確にコンボを決めて先制をとると、念願の勝利をもぎ取ります。


14P

15P

 後日、2人は約束通りデートへ。ところが、連れられた先が墓地だったものだから、コザキは面食らってしまいます。戸惑う彼をよそに、ノリコはハイテクを創業した父の墓前へ。ゲーム中に心筋梗塞で亡くなったという、ゲームをこよなく愛した父への複雑な思いを語ります。


16P

17P

18P

 2人は墓参りを終えて喫茶店へ。隣に来るようノリコに促されて、コザキが照れながら座っていると、やたら元気のいいおばさんが向かいにやって来ました。するとノリコは、急にコザキを夫として紹介します。あ……あれっ?


19P

20P

 どうやらおばさんはノリコの親族で、女手1つでゲーセンを経営するよりはと、前々から店をマンションに建て替えるよう勧めていた様子。きっと以前にノリコを煩わせた電話の主も、このおばさんなのでしょう……父の思い出が詰まった店をたためとは、なんとも悩ましい話だ。


21P

 ノリコはやっかいな提案を断るためにわざと負け、デートを承知して“夫役”を確保した――全てを察したコザキは、彼女の思惑に乗ることに。毅然とした態度で「お店は大丈夫です。放っておいてください」と言い放ち、おばさんを退けるのでした。


22P

 せっかくの勝利がノリコのシナリオ通りだった現実に直面して、落胆するコザキ。しかし、彼女が「デートだろ?」と、慰めるかのように伸ばしてきた手を握り、ある事実に気付きます。長年レバーを握り続けてきたその手のひらは、驚くほどにタコだらけ。ノリコの強さを支えるのは「人間性能」でも「才能」でもなく毎日の修練だと知り、彼は自分が何も“見えていなかった”と悟ります。


23P

24P

25P

 コザキはあらためて、実力で勝てたらデートしてほしいと挑戦。ノリコもこれを堂々と受け、「負けねーよ」とほほえむのでした。


26P

 強い女性をさまざまな角度から魅力的に描いたこの漫画は、漫画家の左藤真通(@reu_reu_)さんが2年前に著した読み切り作品。作者は現在「コミックバンチweb」にて連載中の、『将棋指す獣』で原作を担当しています。最新の3巻は10月9日発売。


作品提供:左藤真通(@reu_reu_)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」