連載
» 2019年10月01日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】“推しの接触イベント”で、すっかり忘れていた「自分みがき」欲がよみがえる

推しイズパワー。

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。“推しの握手会”という一大イベントで、忘れていた感情がよみがえる――!

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 抽選を乗り越え、推しの握手会のチケットをゲットしたフミエさん。うれしさにウッウッと涙を流していましたが、とある“事実”に気づきます。握手会ということは、つまり推しの正面に立つというわけで……つまりつまり、「推しの視界に自分が存在する」ということなのでは!?

 あまりの事態に思わずオタモードから現実モードに引き戻されます。真っ白になった頭に去来したのは……「お、おしゃれしたい……」「や、やせたい……」。

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 子どもを産んで数年来、フミエさんの頭の中は「子どもに関すること全般」「仕事」「家事」で占められていました。しかし推しの視界に入るというスペシャルイベントによって、「自分をみがく」という感情がよみがえってきたのです。

 全然やる気もしていなかった筋トレも、推しのためならがんばれてしまう。「母」「社会人」以外の自分を思い出させてくれる推しの力というのは本当にすごい……。フミエさんの場合は“現場”があるタイプの推しですが、現場がなくても、「推しがこの世界にいる」ことで何かをがんばれるオタクは多いのではないでしょうか。推しイズパワー!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」