“夫婦生活がない”悩みにまさかの血液型占いが登場「AB型はソフトに抱きしめるのがベター」って……「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

5年間夫婦生活がない、どうしたら?

» 2019年10月28日 10時45分 公開
[北村ヂンねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは10月25日(金)放送の今井通子パーソナリティー回。5年前から夜の営みがなくなってしまったという相談。人生相談の定番ジャンルのひとつではあるが、この日は相談もアドバイスもやたらとボンヤリしていた。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

メイクラブが好きなのに……このままでいいのか!?

 相談者は62歳男性。妻62歳。長女33歳。長男31歳。子どもたちはふたりとも結婚して実家を出ており、現在は妻とのふたり暮らし

 子どもが独立し、飼っていた犬が死んだ5年ほど前から夫婦生活がなくなってしまったのだという。

 「ワンちゃんがいる時はメイクラブしてらしたわけ?」

 「ときどきですね、はい」

 「犬の死とどう関係するんですか?」

 「それがちょっと自分でもよく分かってないんですけども。なんとなく、ふたりだけになって逆に、互いに求めなくなったと言いますか……」

 相談者夫婦は別段、仲が悪いわけではなく、犬が生きていた頃は夫婦ふたり+1匹で、亡くなってからも夫婦ふたりで寝ているという。……犬が一緒だったら、夫婦生活の最中に大騒ぎしちゃって邪魔そうだけど、いなくなってから逆に夫婦生活がなくなってしまったのだ。

 「普段の生活の中で、奥様との会話は?」

 「多いです」

 「あ、多いの」

 食事の時間帯がズレているため、一緒に食事をとる機会は少ないようだが、それでも相談者が食事をしている間、妻がおしゃべりに付き合ってくれたり、ふたりで旅行に行ったり。今井通子は「夫婦仲の悪さ」あたりを原因として相談を展開しようとするが、普通に仲の良さそうな夫婦なのだ。

 「奥様の方は、もうその気がないの?」

 「それもよく分からないです」

 相談者は何度かアプローチをしているものの、「眠いから」などの理由で断られてしまったとのこと。それ以来、「恥ずかしい」ということで誘うこともできなくなっているようだ。

 「私はメイクラブを好きな方なんですね。でも、ないから。このままでいいのかなあって。どうしたらいいかなと思ってご相談させて頂きました」

 妻が断る理由もよく分からず、誘うのもあきらめてしまっているのでは解決しようがなさそうだけど……。

AB型はソフトに抱きしめるのがベター?

 この日のアドバイザーは精神科医の高橋龍太郎。ボンヤリとした相談内容では、アドバイスの方もボンヤリしてしまう。

 「臨床の実感として言えば、60過ぎて普通に関係があるっていう人たちは、特に日本人ではホントに少ないと思います。だから少ないという上に立って、ふたりがその気にならなければ……」

 若い時は勢いで性行為できるが、年を取ったら自分たちでわざわざそういう状況を作らなければならないと指摘する。

 「そこまで円満なご夫婦だったら、ざっくばらんに、旅先なんかで堂々と自分のお考えを伝えるのが一番、愛情表現としては素晴らしいことだと思うんだけど……」

 断られたら恥ずかしいという気持ちもまあ分かるが、率直に切り出すしか解決方法はなさそうだ。ただ、相談者はそれができないから相談しているわけで……。フォローのつもりなのか、今井通子が乗っけてきた話がまた微妙。

 「昔の話で、おばあさんに『メイクラブしたいか?』って聞いたら、黙って火鉢の灰をかき回したっていうのがある」「『灰になるまで』って」「だから、奥様にその意志がないとは思えない」

 有名な「大岡越前」の母親の逸話だが、それも人によるんじゃないだろうか? このエピソードが相談者にイマイチ響かなかったのを察したのか、今井通子がさらにアドバイス。

 「たとえばおいしいご飯を作ってくれた時に『ありがとう』とか言って、まずはチューしてあげるとか」

 「はあ……」

 「サプライズ好きな人だったら、お誕生日の時にプレゼントあげると同時にサッと抱きしめるとか、そういうのもアリなんだけど」

 結婚35、6年経っている夫が急にそんなことをしだしたら、逆に引いちゃわないだろうか。

 「奥様、血液型何型?」

 「ABです」

 「だったらそれ(抱きしめるの)行けるかも。AB型の人って未来型、未来派だから。A型の人だと『何これ?』って引かれる可能性あるけど。B型は多分、乗ってくると思うんです」

 血液型占いの話! かつてこんなにボンヤリとしたアドバイスがあっただろうか!? ちなみに、AB型はバッと抱きしめるのではなく、ソフトに行くのがベターとのこと。……どんな根拠が?


テレフォン人生相談 なんだかボンヤリとしたアドバイス…… イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. /nl/articles/2407/14/news020.jpg 子どもが「エアコンつけたら咳が出る」と言うので掃除のプロを呼んだ結果…… 衝撃的な状態と結末に「言葉を失います」
  5. /nl/articles/2407/14/news046.jpg 「さすがワークマン」 6年前から“商品化”希望の声→発売された待望のアイテムに「ちょっと感動」
  6. /nl/articles/2407/14/news003.jpg 「せめて……」 有名中古品チェーンで1000円の商品購入→袋を開けて発覚した“衝撃の事実”に「変な声が出た」
  7. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  9. /nl/articles/2407/12/news075.jpg 【時間クイズ】「午後2時の9時間前」は何時?
  10. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」