ニュース
» 2019年12月19日 12時30分 公開

「やばい」「無限に遊べる」 セリアの「オタクの心情」シールを推しに貼るとめちゃくちゃ楽しい推し活グッズ(1/2 ページ)

使い方はめちゃくちゃ限られる。

[ねとらぼ]

 100円ショップ・Seria(セリア)のシール「オタクの心情」が、「やばい」「無限に遊べる」とSNSで話題になっています。「顔がよすぎる」「優勝」など、キャッチーかつ語彙力低めの「強いワード」のシールは、「それな」と思う反面、なぜ作ったの……!? と思わずにはいられません。

 Seriaのシールセレクションシリーズから登場したのは、SNSなどネットで流行ったフレーズをシールにしたその名も「オタクの心情」。「控えめに言って最高」「作画がいい」「しんどいオブザイヤー」などの強いワードがそのままシールになった、めちゃくちゃ潔く、用途が限られるアイテムです。

セリアの「オタクの心情」シール 「デザインシール オタクの心情」(110円/税込、以下同)。白地に黒で書かれたデザインがワードの「強さ」を高めている

 Twitterでは、このシールを推しの写真を入れたケースに貼る人が続出。推しを強いワードで囲う遊びがプチブームになっています。

セリアの「オタクの心情」シール 実際にやってみたところ。想像以上の楽しさがそこにあった(写真は2L判)
セリアの「オタクの心情」シール チェキにぴったりなサイズも

 また、同時にあまり推しとは縁があってほしくない「活動休止」「大切なお知らせ」といったワードが並ぶ「見出し」デザインも発売されています。

 使い方がやや難しいこれらのシールですが、Seriaの担当者によると「ヲタ用語などを面白おかしく、自分のノートや持ち物に貼っていただいて、周囲から注目が集まることを想定しました」ということです。

セリアの「オタクの心情」シール 「デザインシール 見出し」(右、110円)。マジでどう使ったらいいんだ……?

 このほか、フレークタイプのシールも登場。黄色いパッケージの「フレークシール だーいすき」は、「オタクの心情」と同じく、「尊い」「存在が罪」など強いワードを使いながらもカラフルでポップなデザインになっています。

セリアの「オタクの心情」シール 「フレークシール 40P だーいすき」 110円
セリアの「オタクの心情」シール キラキラのホログラムをつかったファンシーなデザインです

 フレークシールは、強いワードがメインになったものと、自分で好きなワードを書き込めるタイプの2種類。書き込めるタイプは、うちわとペンライトがモチーフになっており、強いワードはもちろん、日付などを書き込んでも便利です。

セリアの「オタクの心情」シール 自由に書き込めるペンライトとうちわのシール
セリアの「オタクの心情」シール チケット代の受け渡しにいいな、と思いました

※掲載商品は取材時点のものであり、現在取扱いしていない場合があります。

商品情報

【デザインシール 見出し・オタクの心情】

【フレークシール 40P だーいすき】

問合せ先

PC向けサイト:https://www.seria-group.com/

スマートフォン・携帯サイト:http://www.seria-m.jp/

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する