連載
» 2019年12月03日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】「ママー、“おしかぷ”ってなーに?」秘密のスケッチブックを見つけられ絶体絶命に

そのなかを みるなんて とんでもない!

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。家事の合間に趣味で創作活動もしているフミエさんに、とんでもないピンチが訪れます……。

オタ母あるある
オタ母あるある

 フミエさんは、スケッチブックに“推し”のイラストやマンガを描いています。エッチな絵は描かないものの、推しの魅力を列挙したマンガ、推しと推しが親しくしているいわゆるBL的なイラスト、そして推しへの思いをつづった文章などが、スケッチブックの中にはいっぱいです。

 ある日の休日。“ママモード”のフミエさんは洗濯中、夫と次男はそれぞれテレビや絵本を楽しむという、平和な時間でした……長男の「ねーママ― “おしかぷ”ってなーに?」という発言が出るまでは……。

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 ヒエッとなりながら振り返ったフミエさんが発見したのは、これまでの創作活動が詰まったスケッチブックを無邪気に読んでいる長男の姿。「がくぱろ(※学パロ)ってなーに?」「かいしゃくちがい(※解釈違い)ってなーに?」と質問を重ねてきます。子どもの口からオタク用語が発されるときの動揺がやばい。

オタ母あるある
オタ母あるある

 フミエさんはなんとか平静を保ちながら長男からスケッチブックを回収。何事もなかったことにしておやつの時間へと押し切りました。スケッチブックをもっと子どもたちに見つかりにくいところに隠そう……と心に決めたフミエさんなのでした。

 もっと子どもが大きくなってオタクの道に進んだら、「あのときの母のスケッチブック、もしや……」と思い返されるかもしれないエピソード。でもとりあえず今のところは、母だけの秘密にさせておいてほしいですね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」