【マンガ】家事も育児も「頑張り過ぎず、自分も子どもも楽しめるように」するためにできること 料理研究家・たっきーママインタビュー

「それが意外と難しいから、苦労するのですけれど」

» 2020年03月24日 20時00分 公開
[直江あきねとらぼ]

 小さな子どもを持つ親にとって、日々の食事は悩みのタネ。栄養面も気になるけど、食べてくれなかったら元も子もないし、子どもによって好き嫌いが違うし、そして、他の家事や仕事もやらなければならないし……。

 そんな慌ただしい毎日の中で、料理研究家・たっきーママさんが考案したレシピを紹介するエッセイマンガ「不器用な私が家族を笑顔にする魔法のレシピを作れるようになったわけ」。オリジナルレシピが生まれる背景にはどんな育児の苦労があったのか、インタビューしました。マンガ本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき



マンガ「不器用な私が家族を笑顔にする魔法のレシピを作れるようになったわけ」とは?

 人気料理ブロガー・たっきーママ。その簡単でおいしいレシピは、働きながら2人の息子を育てつつ、家事に奮闘する日々の中から生まれました。

 そんな家族のために考えた15皿の物語をコミックエッセイ化。出産後に直面した“進まない離乳食”問題に始まり、仕事復帰で朝晩は戦場! な日々のお助けメニューなど、実生活に根差した本当に使えるレシピとともに紹介します。

原作者プロフィール:たっきーママ(奥田和美)(Twitter:@kazumi_okuda/ブログ:たっきーママ(奥田和美) 公式ブログ

料理研究家。料理レシピ本大賞in Japan'2016入賞。レシピブログアワードお弁当部門グランプリ3連覇。最新刊『材料も手間も最小限。たっきーママの「めんどくさい!」がなくなるレシピ』(扶桑社)ほか著書全14冊出版、累計100万部突破。高1、小6男子の母。嵐と、マンガを読むのが趣味。

第5話「煮込まない! ひき肉カレー」

















その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています

家事、育児を夫婦で協力する難しさ

――― 今回のエピソードでは子どもが成長して好き嫌いも少なくなった一方、たっきーママさんは仕事がスタート。まさに「毎日が戦場すぎ!!」という様子ですが、パパさんはあまり料理をされなかったんですか?

 買い出しなどはしてくれたのですが、料理はチャーハンくらい。やろうと思えば他のものも作れたのかもしれませんけど、料理が苦手な人なんです。

 他の家事に関しても協力してほしいと思っていたのですが、当時の私は「こちらから言わなくても、そういうことに気付いてほしい」という気持ちがあって、「私が今こんなに大変なのに、どうして座ってテレビを見ているんだろう」みたいにイライラしていました。言われなければ気付けないものですから、勝手な話なんですけどね。

――― 「家事をして」と言わなかった理由は何でしょう?

 時代的なことをいうと、当時はまだ「家事は女性がやるもの」という空気が強くて。そういうのは、今より難しかったかもしれません。夫は苦手な家事もあるんですが全然やってくれる人なので、今になってみれば折り合いをつければよかったな、と思います。

 「家事をして」と言うときは「ヘンに我慢してためこまないで、その場で言う」というのが良いかもしれません。ただ伝え方にはちょっと工夫が必要ですよね。

――― というのは?

 「私は家事と育児で大変なんだ」と言うだけでは実際にどれくらい大変なのかまではうまく伝わらないものですし、そういう風に気持ちをぶつけてしまうと、あちらは「自分だって会社で大変なんだ」と思うかもしれません。

 だから、家事をお願いするときは「こういうときはこうしてほしい」と具体的な方法を伝えるようにしていました。

 例えば、あるとき夫に「料理中で手が離せないんだけど、子どもが泣くから見ておいて」と願いしたら、めっちゃ泣いてるのに本当に見ているだけだったんですね。「どうして抱っこしてあげないの?」と聞いたら「見ておいてと言ったから」と(笑)。

――― 落語みたいな話ですね。間違ってはいないけど、そういうことじゃない(笑)

 こういう可能性があるから、やっぱり具体的に言った方がいいと思うんですよね。

 ちゃんと伝えるようにしたら、夫も自分のできることをしてくれるようになりました。今は、お互いの得意不得意に合わせて家事を分担している感じですね。

――― 育児を通じて、夫婦の関係性も成長していくものなんですね

 ええ、すごく変わりましたね

「頑張り過ぎず、自分も子どもも楽しめるようにできるといいですよね」

――― 今回紹介されているのは「煮込まない! ひき肉カレー」。皮むきなどに時間がかかるじゃがいもが入っていないのも楽ですね

 じゃがいもの下準備、面倒くさいですよね。

 こういったレシピを考えるときは「いかに包丁を使わないか」「洗い物が減らせるか」「皮むきやみじん切りをせずに済ますか」といったことを考えています。肉も包丁で切ったり裂いたりするのは時間がかかるので、なるべくひき肉や豚こまを使うとか。

 昔の自分のレシピを見返すと、すごく面倒くさいことしてるなあと感じますね。やっていくうちに、「この食材をあれに変えたら包丁がいらない」みたいに考えるようになっていったんだと思います。

 ハンバーグの玉ねぎはあめ色に炒めなきゃいけないのか、肉は漬け込んで下味を付けないといけないのか、フライパンからいったん取り出さなきゃいけないのか……といつも疑問に思います。こんな面倒な行程、本当にいるのかって。

――― あれ、しないとダメですか? 「料理以外にもやることがたくさんあるなかで、どこまで時間を掛けるか」という悩みもあると思うのですが

 「やった方が野菜がシャキッとする」とか、ちゃんと意味はあります。でも、そこまで変わるわけではないと思います。

 「みりんは最後に入れるとツヤが出る」というのもありますけど、そうしなくても特に問題なかったりしますし。材料を順番に入れるようになっているレシピも、だいたい最初に混ぜちゃって大丈夫だったり。

――― 楽をしても何とかなるものなんですね

 料理以外のことにも当てはまりますが、頑張り過ぎず、自分も子どもも楽しめるようにできるといいですよね。それが意外と難しいから、苦労するのですけれど。

(了)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news004.jpg 大好きなパパと10日ぶりに再会したブタさん、感情が爆発し…… 涙を誘うお出迎えに「こっちまでウルっと」「愛情表現が豊か」
  2. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/20/news001.jpg しつこい雑草“ドクダミ”対策に、あの土を使ったら…… 効果歴然のビフォーアフターが130万再生「そんな弱点があったとは」「感動する」
  5. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  6. /nl/articles/2407/20/news037.jpg これは思わず笑う! お母さんから返信が来たと思ったら…… まさかの“LINEスタンプの活用法”に「めっちゃいい!!」「これやりたい」
  7. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  8. /nl/articles/2407/20/news053.jpg 「ポストに新紙幣入ってた」 一部で目撃例続出→“まさかの正体”に「これかよ」「新札かと……」
  9. /nl/articles/2407/18/news149.jpg アンパンマンの食パンを切ったら…… まさかの中身に「怖い」「うわぁぁぁ!!」など恐怖の声 パンアーティストに制作意図を聞いた
  10. /nl/articles/2401/26/news015.jpg スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」