【マンガ】幼稚園の給食を食べない息子、でも育児中の料理は時間との戦い 料理研究家に聞く“育児で一番大変だった時期”

当時、考案したという「具だくさんミートソース」のレシピもご紹介。

» 2020年03月17日 20時00分 公開
[直江あきねとらぼ]

 小さな子どもを持つ親にとって、日々の食事は悩みのタネ。栄養面も気になるけど、食べてくれなかったら元も子もないし、子どもによって好き嫌いが違うし、そして、他の家事や仕事もやらなければならないし……。

 そんな慌ただしい毎日の中で、料理研究家・たっきーママさんが考案したレシピを紹介するエッセイマンガ「不器用な私が家族を笑顔にする魔法のレシピを作れるようになったわけ」。オリジナルレシピが生まれる背景にはどんな育児の苦労があったのか、インタビューしました。マンガ本編もあわせて掲載します。(聞き手:直江あき



マンガ「不器用な私が家族を笑顔にする魔法のレシピを作れるようになったわけ」とは?

 人気料理ブロガー・たっきーママ。簡単でおいしい人気のレシピは、働きながら2人の息子を育てつつ、毎日の家事に奮闘する日々の中から生まれました。

 そんな家族のために考えた15皿の物語をコミックエッセイ化。出産後に直面した“進まない離乳食”問題に始まり、仕事復帰で朝晩は戦場! な日々のお助けメニューなど、実生活に根差した本当に使えるレシピとともに紹介します。

原作者プロフィール:たっきーママ(奥田和美)(Twitter:@kazumi_okuda/ブログ:たっきーママ(奥田和美) 公式ブログ

料理研究家。料理レシピ本大賞in Japan'2016入賞。レシピブログアワードお弁当部門グランプリ3連覇。最新刊『材料も手間も最小限。たっきーママの「めんどくさい!」がなくなるレシピ』(扶桑社)ほか著書全14冊出版、累計100万部突破。高1、小6男子の母。嵐と、マンガを読むのが趣味。

第4話「具だくさんミートソース」

















その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています

夫の単身赴任より大変だった長男、次男のダブル育児期

――― 今回の第4話では一家で大阪府に引っ越し。「パパさんが単身赴任に出ていて、しかも子どもはイヤイヤ期」という第3話のころと比べてどうでした?

 夫の赴任中よりも、第4話のころの方が大変でした。

 2人目は里帰りせずに、夫の付き添いもなく1人で産んだんですよ。しかも、出産予定だった総合病院が産婦人科を閉めることになり、出産難民みたいになってしまって……。

 私は高齢出産で、総合病院でしか産めなかったので、産む場所がなくなってしまったんです。やっとのことで見つけた病院は離れた場所にあったので、お腹が大きい状態なのに自分で車を運転して通う必要がありました。

 それから、周囲に子どもを預ける人がいなかったので、生まれたてホヤホヤの次男を連れて長男を幼稚園に送り迎えしていました。このころが一番大変でしたね。

 食事面では、長男が幼稚園に入ってから半年くらい、給食をほとんど食べてくれなくて。

――― 家では食べるのに幼稚園では食べない理由は何だったのでしょうか?

 その形状のままでは嫌だったんだと思います。例えば、カボチャを残したときに「これ嫌いなの?」と先生に聞かれたとき、「食べたことない」って答えたらしいんです。

 本当は家で食べたことがあるんですよ。でも、すりつぶしたり細かく切ったりして一目では分からないようにしていたので。「分からないものには手をつけたくない」というのがあったんだと思います。

――― みじん切りの方が食べてくれるんですよね

 そうですね。にんじんにしても、そのものの味より、何か他の味が混ざっている方が食べやすいのかもしれません。

「子どもが寝ているあいだは、ずっと包丁で何か切っていましたね」

 抱っこしていないと泣いてしまう子だったので、料理は子どもが寝ているあいだ。時間との戦いでした。昼寝のあいだに野菜を切ったりゆでたりして冷凍しておいて、夕飯の調理時間を短縮していました。

 野菜はみじん切り、いちょう切り、細切りに分けて冷凍。子どもが寝ているあいだは、ずっと包丁で何か切っていましたね。

――― 工夫をされていたんですね。野菜を切るといえば、私はみじん切りが苦手で……。回数を重ねて上達しましたか?

 私もみじん切りはめっちゃ苦手です、手先が器用じゃないので。キャベツの千切りをしたら「キャベツの“百切り”か」って言われたこともあるくらい(笑)。

 必要に迫られて切るスピードは上がったんですけど、やっぱり切るのは嫌いです。面倒くさいから。特にみじん切りと大根をすりおろすのが面倒なので、家に両方できる機械を置いています。

 当時はカットされた冷凍野菜もそんなに豊富じゃなかったんですが、今はいろいろあるのでかなりの頻度で使ってます。

――― 子どもに食べてもらうために、他に工夫していたことはありますか?

 食事のときに、私や夫がすごくおいしそうに食べていると、長男も「自分も食べようかな」と食べ始めることが多かったので、「これめっちゃおいしいわ」とか大げさに言ったり。でも、やり過ぎると演技くさいので、独り言っぽくする演技の研究を重ねたり(笑)。

 子どもって「昨日まではよく食べてたのに、今日になったら急に食べなくなった」みたいなことがあるじゃないですか。本当に気まぐれです。だから、「食べないだろうけど、取りあえず出す」ということもやっていました。あまり決めつけない方がいいのかもしれません。

――― 今回作中で紹介されているレシピは、一皿で野菜も肉も食べられる「具だくさんミートソース」。「(カットトマトより)ホールトマトの方が煮込んだ後に甘みがある」とありますが、なぜですか?

 缶詰のトマトの水煮って、ホールトマトとカットトマトでトマトの品種が違うんです。

 ホールトマトの方が細長い品種で、そのままだと酸味があるけれど、煮込むことで甘みが出ます。カットトマトには生でも食べられる品種。煮込むならホールトマトがオススメですね。

――― セロリはあまり買ったことないんですが、入れたほうがいいですか?

 セロリはそこまで使わない食材だと思いますが、入れるとシャキシャキと歯ごたえが良くなりますよ。

 といっても、このメニューの場合はみじん切りにすればどんな野菜でも大丈夫だと思います。でも、ピーマンはみじん切りにして煮込むとちょっと苦味が出るので、根菜の方ががいいかも。

(続く)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」