ニュース
» 2020年02月05日 13時45分 公開

新型コロナウイルスに便乗した攻撃メールに注意 「マスク無料送付」「保健所の通知」をかたるワナ

くれぐれも、記載のURLや添付ファイルにアクセスしないように。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新型コロナウイルスがもたらした不安に便乗し、「マスクを無料送付」「保健所の通知」などと称する攻撃メールが相次いで確認されたと、トレンドマイクロが注意喚起しています


スパム SMSによる攻撃の例。マスクを無料配布すると称し、フィッシングサイトへ誘導する手口

 手口の1つは「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付」といった内容で、2月3日ごろから携帯電話のSMSで確認されているそうです。記載されたURLにアクセスすると、Android端末の場合は、不正アプリ「Xloader」のダウンロードをはかる偽装サイトへ。iOS端末の場合は、Apple IDやクレジットカード情報などの詐取を狙うサイトへ誘導されるとのことです。


スパム Android端末の場合は、宅配便会社を装った偽サイトへ誘導。2018年にまん延した手口の類例とみられる(関連記事

スパム iOS端末の場合は、Appleを偽装したフィッシングサイトへ誘導。ID等を入力してはいけません

 もう1つの手口は保健所をかたる電子メールで、1月28日前後から拡散。文面にはいくつかバリエーションがあるものの、「中国武“感”市」という特徴的な誤字や、「別添通知」の確認を指示して添付ファイルを開かせようとするといった共通点があります。


スパム

スパム スパムの例。いずれにせよ、添付されたWordファイルを開いてはいけません

 添付されているWord文書ファイルには、メール情報を盗み取るマルウェア「EMOTET(エモテット)」をPCに感染させる不正マクロが仕込まれているとのこと。マクロを有効化してしまうと、外部の不正サイトからEMOTETがダウンロードされ、実行されるといいます。


スパム 添付ファイルの例。このケースではWordのセキュリティ機能でマクロが無効にされているが、手動で有効化するとマルウェアに侵入されてしまう

 トレンドマイクロは、「特にリンクや添付ファイルの含まれるメールは慎重に調査する」「スパムフィルタが適切に設定されているか確認する」などの対策を提示し、注意を呼びかけています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」