「精製水どこにも売ってない」難病の子を持つ母親から悲鳴 品薄の理由は間違った「消毒液の作り方」

精製水は人工呼吸器付属の加湿器に必要不可欠で、不足は患者の命に関わります。

» 2020年04月09日 07時45分 公開
[沓澤真二ねとらぼ]

 息子は難病で人工呼吸器がないと生きられないのに、そのための“精製水”がどこにも売っていない――。精製水の品薄を嘆く母親のツイートが大きな反響を呼んでいます。編集部が投稿主とメーカーを取材したところ、品薄の原因は「精製水を使った消毒液の作り方」がメディアで紹介されたことと、さらにその情報が「誤って伝わった」ためであることが分かりました。



 話題のきっかけは、ナーコ(@nakosan37)さんのツイート。息子の人工呼吸器に付属する加湿器の稼働に使う、精製水が手に入らないと訴えるものでした。

 ナーコさんは朝から薬局など7件を回り、かろうじて500ミリリットル瓶2本を確保。人工呼吸器が必要な患者にとっては「命に関わる」とし、「精製水の買い占めとかやめてほしい」と、苦言を呈しました。


精製水は人工呼吸器の使用に必要不可欠

 編集部はナーコさんに詳しい事情を聞きました。人工呼吸器に付属する加湿器は、のどと鼻を潤わせて、細菌やウイルスの感染を防止するもの。息子さんが加湿器を使用するのは主に就寝時ですが、かぜ気味のときは一日中稼働する必要があり、その場合は精製水を1日で500ミリリットルほど消費するといいます。加湿器に使う水については水道水でもよいとする説もあるものの、呼吸器メーカーやかかりつけの国立病院にはやはり精製水を使うよう指導されているとのこと。


精製水 投稿主宅の人工呼吸器。付属する加湿器を使うために精製水が必要不可欠

 ナーコさんにとって精製水は息子さんを守るうえで必要不可欠であり、普段は約1週間分を常にストックしておき、使ったらまとめて補充するよう努めていたとのこと。以前は保険が適用されたため処方箋薬局にて心臓の薬とともに入手できましたが、薬機法改正で保険がきかなくなったため、今は少しでも安く入手できるよう、ネット販売やドラッグストアなどを利用しているそうです。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、精製水は手に入りにくくなってしまいました。不足している消毒液の代わりに、無水エタノールを精製水で薄めて作る方法を、一部のメディアが紹介したのが原因だろうとナーコさんは語ります。

 ナーコさんが薬局に聞くと、上記の方法が紹介されてからというもの、精製水とエタノールを同時に購入する人が増え、品薄となり入荷も不安定に。ナーコさんはここ2週間ほうぼうの店を探しましたが、清潔さを保ちやすく使い勝手も良い500ミリリットルボトルは品切れでした。ネットを見ても、フリマサイトやオークションにやや割高の出品があるのみ。ナーコさんは結局、比較的入手しやすいとリプライで教わった、20リットルサイズの品を確保したそうです。


メーカーは「無用の精製水を間違って買う人がいる」と指摘

 この不自由な状況をメーカーはどう見ているのか、ねとらぼ編集部は精製水を手がける昭和製薬にも話を聞きました。そもそも、同社はこのごろの需要増を受けて精製水を増産しており、平時の約2倍の量を製造しているとのこと。それでも供給が追い付かない原因は、買い占めよりもやはり「無水エタノールを精製水で薄めて消毒液を作る」という情報の拡散によるところが大きいといいます。


精製水 ナーコさんがようやく入手した精製水

 ただこの「無水エタノールを精製水で薄めて消毒液を作る」という情報自体は間違っておらず、問題はもう1つ、別のところにあると担当者は指摘します。

「無水エタノールの場合は確かに精製水で薄める必要がありますが、薄めなくていい通常の『消毒用エタノール』と一緒に精製水を買ってしまうケースが相次いでいるようです。こちらにも毎日200件近い問い合わせが来ていますが、大半は『消毒用エタノール』と精製水を一緒に買ってしまったがどうしたらいいか、といったものです」

 広報担当者によると、精製水で薄める必要があるのはあくまで「無水エタノール(水を含まない高純度のエタノール)」の場合ですが、どうやら精製水が必要ない「消毒用エタノール(消毒用に最初から80%程度に薄めてあるエタノール)」と一緒に精製水を購入してしまう人が多いのではないか、とのこと。また薬剤師が常駐していないドラッグストアなどの場合、知識のない店員が消毒用エタノールと一緒に精製水を勧めてしまうケースもあるのではといいます。

 同社には今も「どうやって薄めたらいいか」「店員に薦められて買ってしまったがどうすればいいか」といった問い合わせが相次いでおり非常に困っているとのこと。また、品薄で買えない場合どうしたらいいかについても聞きましたが、「医薬品なのでこちらから直売はできず、ドラッグストアなどで買っていただくしかありません」との回答でした。




 精製水の不足について、必要とする人と供給元を取材したところ、双方とも情報の錯綜に困っている事実が分かりました。ナーコさんは「人工呼吸器に精製水が必要だという事実が知られていないからこそ、無意味な品薄が起こる」と考えており、元のツイートもその周知のために投稿したと語っています。

画像提供:ナーコ(@nakosan37)さん

4月9日追記:記事の公開後、「手元にある精製水を困っている人に届けたい」との申し出が何件か届いています。ねとらぼ編集部では安全面や個人情報取り扱いの観点からこうした仲介には対応しておりません。ご理解のほどよろしくお願いいたします(4月9日13時15分)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」