連載
» 2020年04月16日 20時30分 公開

【オタ母あるある漫画】子どもが“オタクの血”を早くも発揮……!? 友だちとの会話の中身に冷や汗

それは悪いオタクの振る舞い……!

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。外出自粛の影響で、子どもが家に時間が長い今日このごろ。小学校も休校で、子どもの同級生がよく遊びに来ます。2人の会話に耳を傾けると、“オタの血”を感じさせる出来事が……!

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 フミエさんの家には、子どもが好きなシリーズ作品のDVDがたくさん。友だちを招いた小学生の長男くんは、DVDを再生して楽しそうにお話ししていました。ほほえましく思うフミエさんでしたが、同級生の女の子の「私これ以外見たことないんだけどホント面白いよね!」という感想に、長男くんがドキリとする反応を返します。

 長男くんの返しは「え? 全シリーズ見てないのに良さがわかるの?」……! おわかりでしょうか。これはオタクがついついやりがちな“古参しぐさ”。「ガンダム」など、長期にわたったシリーズを追いかけているオタクが、1作だけ見ているファンや最近見始めたファンに対してちょっとしたマウンティングをしてしまう行為です。

 さらに作品のうんちくやシリーズ全体について語りだす長男くん。フミエさんは「それは…もっともダメな古参オタクのふるまい…!」と震えます。同じオタクとして、そしてオタクの先輩として、注意したくなるものの、子ども同士の会話に口をはさんでいいものか? とためらわれます。

オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある
オタ母あるある

 しかし、同級生の女の子はニコニコと「この作品大好きなんだね!」「好きな気持ちは一緒だね!!」「私ももっと知りたいから全シリーズ見せて!」。まだオタクの自覚がない子どもよりも、大人のオタクに刺さりそうな“神対応”に、フミエさんは「見習おう、この姿勢…」と思うのでした。

 “オタクの血”にドキドキさせられるエピソード。同級生の女の子の対応は、大人のオタク同士の会話や他ジャンルオタクとのお喋りのときにも心掛けたいものですね……!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む