インタビュー
» 2020年05月22日 21時00分 公開

「ネットワーク機能は使えなくなったが、ドリームキャストで誰かとつながれる」 “今でもドリキャスを遊んでいる人”インタビュー

ドリキャス20年選手にお話を伺いました。

[ねとらぼ]

 2001年、ゲーム機戦争(各社の販売競争)に破れたセガはドリームキャストの製造を中止。約20年にわたるセガハードの歴史は幕を閉じた―― 長年のゲームファンの方ならば、こんな文章を目にしたことがあるのでは? 確かに今、ゲーム“会社の歴史”を書こうとするとこうなってしまうのかもしれませんが、ゲーム“ファンの歴史”はどうやら違うようです。

 本記事は“ドリームキャストを現在でも遊んでいる人”にその魅力などを伺うインタビュー企画。今回は、「現代の子どもにも好評」「ネットワーク機能が使えなくなった今でも、誰かとつながれるゲーム機」と語る長年のプレイヤーにお話を伺いました。

連載企画:【令和】ドリキャスを遊んでいる人インタビュー

 「10年早いんだよ!」は“時代を先取りし過ぎるゲームメーカー”こと、セガの代名詞。その象徴ともいえるのが、ネットワーク接続機能などを1990年代末に導入したドリームキャスト。「時代が変わり、その先進性がむしろ当たり前のものになった今、同ハードの魅力は?」と、Twitterで「今でも遊んでる人」の募集をかけてみたところ、集まり過ぎちゃったので全5本の連載企画になりました。

「子どもたちにドリームキャストを浸透させる裏工作をしています(笑)」 ヲタナースさん(@NISSANVZR



―― Twitterアカウントを見たのですが、「新日本テレビゲーム愛好会」(@sinlovegame)という団体の会長さんなんですね

 はい、新型コロナウイルスで活動自粛中ですが、「押し入れに眠っているゲームを持ち出して、皆で遊ぼう」というのが基本的な活動。自分たちだけで楽しむのはもったいないと思い、一般開放してボランティア活動として行うようになりました。セガさんから許可もいただき、“eスポーツ体験会”と称して、現代の子どもたちにドリームキャストを浸透させる裏工作をしています(笑)。

 ゲームを触ったことすらないような小さな子もいますが、評判は上々です。

―― どちらかと言えば“ゲーマーが好きなハード”というイメージでしたが……そうなんですか?

 アーケードゲーム移植作など、直感的な操作で遊べるゲームが多いんですよ。お父さん、お母さんがプレイしているので、子どもに遊び方を説明しながら親子二世代で楽しめるのも魅力的だと思います。




ヲタナースさん「Nintendo Switchで『釣りスピリッツ』が流行っていますが、ドリームキャストの『ゲットバス』は“リアルな釣りスピ”としてウケが良いです」

―― 実は“ドリキャスは皆で楽しめるハード”というのは意外ですね

 よく見るとコントローラーポートも4つあって、NINTENDO64などのように多人数で遊べるのですが、現役時代はマイノリティーなハードでしたからね。私は1998年11月27日(本体発売日)からドリームキャストをプレイしていましたが、4人で遊んだ経験はありませんでした。

 最近はむしろ「多人数プレイがドリームキャストのあるべき姿なのではないか」と考えるようになり、当時はできなかった多人数プレイを楽しんでいます。「パワーストーン2」「パワースマッシュ」「ぐるぐる温泉」は4人プレイが楽しいですよ。酒飲みながらやっています(笑)。

 僕にとっては思い出深いと同時に、まだまだ魅力が出てくるハードだと実感しています。

―― ドリキャス愛がスゴい

 ドリームキャストは周知の通り、出る前から自虐的なCM戦略で“負けハード”的な空気で。生産体制が整って「サクラ大戦」「バイオハザード」「シェンムー」などのキラータイトルの発売も決まり、さぁ、これからだ! というときにPS2が現れました。

 それでも、「PSO(ファンタシースターオンライン)」、NAOMI基板の移植作などこのハードならではの魅力があるぞ、と思っていたら、ハード生産終了&セガの事業撤退ですよ。心の準備なんてできていませんでしたし、いまだにセガハードがなくなった事実を認めたくない気持ちがあります。

 僕らにとっては、今でもドリームキャストがセガの最新ハードなんです。


ゲーム会では、有志で寄付していただいたほぼ未開封のドリームキャストでプレイしています」とヲタナースさん。この他「普段使い」「予備機」の計3台を所有しているそうですが、「全て快調に動作しています」とのこと

「今も良い夢を見させていただいているゲーム機」 ユ−ダチさん(@Shower_1508


「EVO Japan 2020」で行われた「燃えろ!ジャスティス学園」大会のもよう



―― ドリームキャストはいつからプレイしていますか?

 プレイ年数20年。「自宅のドリームキャストで格闘ゲーム『燃えろ!ジャスティス学園』を練習 → 東京都、大阪府などのゲームセンターに足を運んで対戦する」ということをかれこれ5年間続けています。

―― なぜそのような楽しみ方に?

 高田馬場のゲームセンター「ミカド」(※)で行われた、このゲームのアーケード版対戦会に行ったのがきっかけ。そこで人のつながりができて、「また参加しよう」と思ったんです。ただ私が住んでいる岡山県のゲームセンターにはアーケード版がなかったので、唯一の家庭用版があるドリームキャストで練習することにしました。

 この5年のあいだに「燃えろ!ジャスティス学園」を通じてさまざまな人と知り合うことができ、また、世界大会である「EVO Japan 2020」にも出場することができました。発売20周年を記念して、トーナメントが開かれたんですよね。

※ミカド:東京都内のゲームセンター。実力者が集う「伝説のゲ−セン」として知られる

―― 発売から20年以上たった今、ドリームキャストの魅力は?

 私にとってドリームキャストは「良い夢を見させてくれたゲーム機」ではなく、「今も良い夢を見させていただいているゲーム機」です。

 ドリームキャストのネットワーク機能はもう使えなくなってしまいましたが、現在でもこのハードを通じて誰かとつながることができる。このことだけは、いろいろな人に知ってもらいたいと思っています。

おまけ:ドリキャスあるある

  • 「発熱がすごいため、長時間プレイしているとよく熱暴走を起こし、クールダウンの時間が必要」
  • 「2Pのコントローラーにはビジュアルメモリを刺さず、液晶の窓につい指を突っ込んだりします」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」