ニュース
» 2020年04月27日 14時10分 公開

「パルスオキシメーターの数値で新型コロナの感染判断はできない」 コニカミノルタが「本当に必要な人への供給を優先」呼びかけ

「急性呼吸不全を起こすリスクの高い家族がおられない一般家庭で、パルスオキシメータを感染予防目的のために購入されることはお避け下さい」とも。

[ねとらぼ]

 コニカミノルタが、「パルスオキシメータ」に関し、「パルスオキシメータの数値によって、新型コロナウイルスの感染判断はできません」「急性呼吸不全を起こすリスクの高い家族がおられない一般家庭で、パルスオキシメータを感染予防目的のために購入されることはお避け下さい」と呼びかけています

パルスオキシメーター パルスオキシメーター

 パルスオキシメーターは、指先などに光をあてることによって動脈血酸素飽和度と脈拍数を測定する装置。CVID-19(新型コロナウイルス感染症)軽症者宿泊施設で、感染者の肺炎の早期発見に有効なツールとしての活用が始まったことで注目されています。

コニカミノルタ コニカミノルタの呼びかけ

 しかしパルスオキシメーターで何ができるかがまだ一般には知られておらず、「パルスオキシメーターの数値によって、新型コロナウイルスの感染判断ができる」という間違った認識が一部で広まり、「感染予防目的のために一般家庭で購入されるケースも増えていると聞きます」とコニカミノルタ。パルスオキシメーターについてあらためて説明しています

 パルスオキシメーターは、酸素飽和度(ヘモグロビンが運べる最高の状況に対し、実際に肺にある酸素を血液中にどれだけ取り込んで体に運べているか)を測定するもの。肺炎で肺がダメージを受けた箇所が増えると、肺から血液に酸素が移せなくなって酸素飽和度が下がってくるため、肺炎重症化の可能性を見つけられるとしています。その測定値については「どのような体の状態を意味するかを判断することは簡単ではありません」と判断には医療専門家の判断が必要と強調しています。

 「パルスオキシメーターは、病状の重症度の判断には有効で、急性呼吸不全を起こす可能性のある慢性疾患患者の日常管理や、医療機関・介護施設などでの患者・入所者の病状判断に重要な製品です。特に、高齢者や基礎疾患を持つ方々は新型コロナ肺炎重症化のリスクが高いと言われており、そうした方々に使用いただく機会を確保することが現在、重要な課題となっております」

 同社はこのように述べ、本当に必要な人への供給を優先するよう呼びかけています。

 現在パルスオキシメーターは中等症から軽症患者へのモニタリングやトリアージでの要求が高まっており、医療機関向けの増産体制を整えていると同社は述べています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.