連載
» 2020年05月08日 10時00分 公開

神奈川県道には「明快な付番ルール」がある少年Bの道端ばなし(1/2 ページ)

適宜テキトーに付けてるんでしょーと思っていました。

[少年B,ねとらぼ]

 わたしたちの身近にある道路、その1つに「都道府県道」があります。

神奈川県道409号 県道 標識 ヘキサ 神奈川県道409号を示す標識。この県道標識は、道路ファンの間で「ヘキサ」などと呼ばれ親しまれる

 都道府県道(以下、県道)はその名の通り、都道府県知事が認定し、都道府県が管理をする道路です。おおむね市と市、または観光地や主要な駅や港などを結んでいます。

 また、幹線道路の役割を担う道として国土交通大臣が指定した一部の県道は「主要地方道」、その他の県道は「一般都道府県道」と呼ばれます。

 街で数字の書かれた六角形の標識を見たことはありませんか? この標識が県道のもの。道路趣味者/ファンから「ヘキサ(ヘキサゴン)」と呼ばれ、親しまれます(関連記事)。中の数字が県道の路線番号です。一部の例外を除いて、県道には路線番号が付いています。

県道の路線番号はテキトー? 神奈川県道には「付番ルール」がある

 路線番号の付け方に何か基準はあるのでしょうか。ほとんどの都道府県では特筆すべき規則性なく付けられるようですが、一部の県では県独自のルールで付番されています。その1つが神奈川県の県道です。

 神奈川県道の路線番号はとても明快なルールで付番されています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10