連載
» 2020年04月10日 12時00分 公開

少年Bの道端ばなし:道路標識って誰が設置しているの? (1/2)

そう言えば気にしたことがなかったかもー。

[少年B,ねとらぼ]

 いつもよく見かける道路標識。そういえばあれは、一体誰が設置しているんでしょうか。

photo

 実は道路標識にもいくつか種類があり、設置者が違います。以下の種類があります。

案内標識(設置者:道路管理者)

 主に「方面、方向及び距離」「国道番号」などです。

「青看板」と呼ばれる案内標識の一種「方面及び距離」 案内標識の一種「方面及び距離」。ファンの間では“青看板”などと呼称する

警戒標識(設置者:道路管理者)

 主に「幅員減少」「+形道路交差点あり」などです。

警戒標識の一種「下り急勾配あり」 警戒標識の一種「下り急勾配あり」

規制標識(設置者:公安委員会)

 主に「一時停止」「最高速度」「駐車禁止」などです。

規制標識の中ではメジャーな「車両進入禁止」 規制標識の中でよく見かける「車両進入禁止」

指示標識(設置者:公安委員会)

 主に「停止線」「横断歩道」「規制予告」などです。

指示標識に分類される「横断歩道」 指示標識「横断歩道あり」

 このうち、案内標識と警戒標識、規制標識の一部(「危険物積載車両通行止め」「最大幅」「重量制限」「高さ制限」「自動車専用」)は「道路管理者」が設置します。

 道路管理者は道路交通法において、国道は国(国土交通省/一部の補助国道は都道府県)、都道府県道は都道府県、市町村道は市町村になります。ただし政令指定都市では、道路法において都道府県と同じ権限を持つので、市内の県道はその市が管理します。例えば、横浜市の県道ならば、神奈川県ではなく横浜市が管理します。

道路管理者が設置する「最大幅」 道路管理者が設置する標識「最大幅」
県道上にある案内標識「市町村」。政令指定都市でなければ県が管理をする 県道上にある案内標識「市町村」。政令指定都市でなければ県が管理をする

 残る規制標識と指示標識は「都道府県公安委員会(警察)」が設置します。

 「標識」とひとくくりにしても、管理者、設置する主体が実は違います。ずいぶんと複雑ですが、これは「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(総理府・建設省令第3号:昭和35年12月17日)」で定められています。

 身近な標識ひとつとってもいろいろな法律が絡んでいて、実は管理者(持ち主/設置者)も違うのですね。

少年B

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.