ニュース
» 2020年05月12日 13時00分 公開

フォント好きにはたまらない「明朝体神経衰弱」が精神修行みたいに難しい 「正解が判定できない」「なくしても気付かない」

商品化できそう。

[関口雄太,ねとらぼ]

 そろえるのがほとんど不可能に思える精神修行みたいなフォントボードゲーム「明朝体神経衰弱」がTwitterに投稿されました。



 「明朝体神経衰弱」は3Dプリントされた「明」を正しいフォントのペアで組み合わせるボードゲーム。「日」と「月」に分解されたペアはフォントごとに20種類あります。

 Windows標準搭載の「MS 明朝」や、ゲームやアニメでも見かけるフォントワークス社の「マティス」系フォントなど、どこかで目にしたことがある書体の数々が並びます。一覧で見ると何となく違いが分かるものもあるため、頑張れば完成させられる気もしてきますが……。


「正解を判定できない」「なくしても気付かない」 「明朝体神経衰弱」が精神修行みたいに難しい もしかしたら、そろえられるかも……?

 いざバラバラにシャッフルした立体的な文字を見ると、やっぱり違いが分からなくなります。


「正解を判定できない」「なくしても気付かない」 「明朝体神経衰弱」が精神修行みたいに難しい やっぱり無理だぁ……!

 投稿したのは、書道家クリエイター兼プランナーのもにゃゐずみ(@Monyaizumi@izuminosub)さん。「精神修行みたいなボードゲームできた」というツイートの通り、まさに精神を極限状態まで追い込んでくれそうなゲームです。

 投稿のリプライ欄には「明朝体はガチで見分けつかない」や「一個無くしても気付かないやつ」など難易度の高さに言及するコメントや、「当たったかどうかの判定が付けられないのがこのゲームの弱点」といったコメントが寄せられていました。





 もにゃゐずみさんはこのほかにも「Windowsがフリーズした絶望感を体験できるクリアファイル」など、ユニークな作品や活動歴をサイトで公開しています。

画像提供:もにゃゐずみ(@Monyaizumi)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」