インタビュー
» 2020年06月17日 08時00分 公開

【うっかりおうちで死にかけた】同人誌を描いているときに脳梗塞→「明日は仕事だから」と病院に行こうとしなかった、というお話(1/2 ページ)

「今は『おかしいと思ったら、家族のためにも自分のためにも救急車を呼ぶべき』だと思っています」。

[ねとらぼ]

 ねとらぼ読者から自宅で起こった危険な出来事をインタビューする企画「うっかりおうちで死にかけた」。今回は「同人誌の制作中に、脳梗塞になった」という方からお話を伺いました。

連載:うっかりおうちで死にかけた

我が家は落ち着く、心が安らぐ場所―― そんなイメージに反して、時には自宅でも命に関わるような危険な事故が起こることが。ただ日々過ごす場所だけあって、どんな危険があるのか気付きにくいもの。そこで「うっかり自宅で死にかけた体験談」を募集して、いろいろな人からいろいろ聞いてみよう、という企画です。

「明日は仕事があるから」と病院に行こうとせず……



 8年前のある夕方。自宅で同人誌を書いてる最中、動脈閉塞型の若年性脳梗塞で倒れました。

 「明日は仕事があるから病院には行けない」と思いながら、当時中学生の息子に「お母さんは気分が悪くて、ご飯が作れない。パパにお弁当を頼んで」とだけ伝え、息子にズルズル引っ張られながら布団に寝かせられました。その後、トイレに行こうとしても立ち上がれなくて、床を叩いて息子に知らせ、息子に抱えてもらいながら用を足しました。

 0時過ぎ。深夜残業を終えて帰ってきた主人に「様子がおかしいから病院に行こう。病院を調べて」と言われ、仕方なく自分で電話を掛けたのですが、そのときにはもう呂律が回らなくなっていて、病院から「大至急来るように」と。

 「このまま朝まで持ち越していたら、右脳全体がダメージを受けていただろう」と言われるような状態で、起き上がれない日が1週間以上続きました。

―― 現在の状態はいかがですか?

 元気に専業主婦をしています。見た目ではあまり気付かれませんが、脳梗塞の影響で左半身に麻痺があって。キーボードを打つとき左手が思うように動かない、歩くと左足の指が丸まる、構音障害も出たので大声が出せないなどの障害が残っています。

脳梗塞の体験後、自分の中で変わったこと

―― その体験後、変わったことは?

 脳梗塞になったときは仕事を1人で回している状態で夜も眠れず、ストレスがたまっていました。ですので、今はストレスがたまりそうになったら体を動かしたり、好きなものを食べたり。それから、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の問題が出てくる前は、友人と遊びに出掛けたりして気を紛らわせてました。

 また、当時はエナジードリンクで抗うつ剤を飲んでいたのですが、今はお薬は白湯で飲むようにしています。

 考え方の変化を言うと、脳梗塞になったとき、息子が「自分が救急車を呼ばなかったせいだ」という思い込みから罪悪感を抱いてしまって。今は「おかしいと思ったら、家族のためにも自分のためにも救急車を呼ぶべき」だと思っています。

 地方に住んでいて、救急車を呼ぶと後日近所の人に言われるのですが、家の前に救急車が来ても恥ずかしがらなくなりました。

―― 微妙な心理ですよね。周囲は「大丈夫かな?」「何が起こっているのかな?」と心配しているのかもしれませんが、その視線があることで動きにくくなる、というか

 昨年、主人が倒れたときには、私が救急車を呼んで隣の家にも助けを求めました。近所の人から「何の病気?」と聞かれたので病名を伝えたら、「倒れて困ったときはうちに来なさい」と言ってもらえましたね。

―― 最後に。脳梗塞になったとき描いていた同人誌はその後、完成したのでしょうか?

 そのときに考えていたことが思い出せなくて、結局、別の本を出す形になりました。今でも未完成のままのデータが残っています。

 「良くて車いす、悪くて寝たきり」とまで言われていたのに、同人誌が描けるまでに回復したのは本当に感慨深いです。当時最先端の電気治療をしてくださった大学病院の先生には、今でも感謝の念に堪えません。

※本企画は取材対象者のエピソードをそのまま記事化したものであり、特定の製品や状況の危険性、安全性を立証するものではありません。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

  • まさかだった身近な危険
  • それから注意するようになったこと
  • 周囲を見ていて、ヒヤヒヤするようになったこと

 などを取材させていただける方、ねとらぼの募集用Twitterアカウント(@nlab_boshu)から、DMにてご連絡いただけますと幸いです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」