コラム
» 2020年06月10日 11時00分 公開

日本初の路面電車に実在した少年乗務員「告知人」の悲しくはかないお話(1/4 ページ)

6月10日は路面電車の日。明治時代、ボーズ頭の少年が「あぶのおまっせー!」と叫ぶ路面電車の仕事がありました。

[鶴原早恵子,ねとらぼ]

 6月10日は、6(ろ→路面)と10(テン→電→電車)の語呂合わせで「路面電車の日」です。

 日本初の路面電車は、京都で1895(明治28)年2月1日に開業した京都電気鉄道会社(京電)。この京電には一時期、運転士・車掌とともに電車に乗って安全確保の仕事をした「告知人」(あるいは「先走り」)と呼ばれた「少年」がいました。

告知人 運転士の横に立つ少年が「告知人」(画像:京都府立京都学・歴彩館所蔵「石井行昌撮影写真資料」)

 この「告知人」はどんな仕事だったのでしょう。なぜ「少年」だったのでしょう。調べてみると、この仕事はとても過酷で、驚かされるものでした。今回は日本初の路面電車にのみ存在したという幻の鉄道係員「告知人」の悲しくはかない歴史を紹介します。

「電車がきまっせー! あぶのおまっせー!」 “電車の前を走って”注意を促す業務

 告知人として働いたのは「12〜15歳の少年たち」でした。現代だと小学校6年生から中学生。彼らはそろいの法被(はっぴ)を着て、運転士、車掌とともに車両に乗り込んで働きました。

告知人 運転士の横に立つ法被を着た少年が告知人。交通事故が起こらないよう、人通りの多い場所などで電車に先行して走り、注意を促す仕事だった(画像:京都府立京都学・歴彩館所蔵「石井行昌撮影写真資料」)

 告知人の仕事は、電車と歩行者の「事故が起こらないように注意を促す」こと。その方法は「路面電車の“前”、5間(約9メートル)以内を、昼間は赤旗を振って、夜間は赤ちょうちんを持って走る」というものでした。

 告知人は、路面電車が人通りの多い区間に差し掛かると、赤い旗を手に電車から飛び降りて走り出します。

 「電車がきまっせー! 危(あぶ)のおまっせー!」

 こう叫んで周囲の歩行者に注意を促します。区間が過ぎるとまた電車に飛び乗り、次の場所まで待機します。

 夜間はさらにハードです。暗くて見えませんから、告知人は赤いちょうちんを手に、何と「全区間」車両の前を走って注意を促していたそうです。

 今より街灯も少ない時代、京都市内であっても日が落ちれば本当に真っ暗だったことでしょう。暗闇の中、「電車の前」を、ちょうちん片手に叫びながら走リ続ける……。つまづいて転んでしまったらどうなるの……? 疲れてしまったらどうなるの……? 想像しただけで大変そうです。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」