連載
» 2020年06月28日 21時00分 公開

意味がわかると怖い話:「仲良くなりたい」(2/2 ページ)

[白樺香澄,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

解説

 最上階に住む彼女がエレベーターを下りていく背中を見送っている=「俺」が最上階まで上ったエレベーターから降りていないこと、「定員5人」のエレベーターに「彼女」「カップル」「老夫婦」と乗っても定員オーバーになっていないことから、「俺」がこの世のモノではないことはすぐに分かります。

 ポイントは、「俺」がそれを自覚しているということ。死んだことに気づいていないのではなく、意図して「彼女」をこちら側に引きずり込もうとしていると、最後の一行で分かります。つまり「怪異と会話を交わしてしまうことが、引き込まれるきっかけになる」というルール。彼は自身が怪異の呼びかけに応えてしまった経験から、それを知っていたのでしょう。

白樺香澄

ライター・編集者。在学中は推理小説研究会「ワセダミステリ・クラブ」に所属。クラブのことを恋人から「殺人集団」と呼ばれているが特に否定はしていない。怖がりだけど怖い話は好き。Twitter:@kasumishirakaba


読者が知らない「私」の盲点

 ミステリには「『私』が犯人もの」というジャンル(?)があります。犯人が最初から明示されているいわゆる「倒叙もの」とは異なり、叙述トリックが仕掛けられていて、解決編で一人称的視点・語り手として登場していたキャラクターが犯人だと明かされるパターンです。

 この種のミステリのサプライズとはつまり、視点人物として、読者が半ば自身と同化しながら読んでいた「よく知っているはずの人物」に、知らない「加害者の一面」があったことを知らされるという、自分の「盲点」の存在を知る驚きであり、それは「部屋を出てから友人に、ベッドの下に男が隠れていたと教えられる」系の怪談の恐怖と近いかもしれません。

 今回は、ベタな「語り手がおばけでしたオチ」にさらに一捻り加え、上記のような「読み手が同化していた語り手に加害者性を持たせる」プロットを考えてみました。

 もしかすると、意味怖でなくもっと長い普通の「こわい話」としても、「自分が『マジョリティ/正義だと思って立っていた側』が『悪』に転落する怖さ」……ホラーの中でも、マシスンの『アイ・アム・レジェンド』あたりを嚆矢とするゾンビものやパンデミックものが孕んでいたこの種の恐怖は、SNSにおけるデマの拡散や個人への誹謗中傷といった問題に直面している今、同時代性を帯びた「怖さ」としてトレンドになるかもしれません。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む