世紀の駄作か、新たなマスターピースか―― 賛否両論の問題作「The Last of Us Part II」をそれでも評価したい理由(2/2 ページ)

» 2020年07月12日 13時30分 公開
[イッコウねとらぼ]
前のページへ 1|2       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

虐殺の代償と凄惨すぎる映像

 「殺したいほど人を憎んだことがあるか」という問いに対し、「YES」と答える人間は、きっとそう多くないのだろう。だが、誰かに大事な人を殺されたり、平穏な生活を奪われたりしたら、しかも荒廃した世界であるがゆえに社会的な制裁を一切与えられないとしたら、その誰かを自分の手で殺したいと思うのではないか。「The Last of Us Part II」はそういう物語だ。


画像 以下、画像はThe Last of Us Part II公式サイトより

 前作「The Last of Us」は、パンデミックを起こした寄生菌に対する免疫を持った少女・エリーと、20年前に娘を亡くしたジョエルが旅をする物語だ。おぞましい感染者がのさばるホラーゲームとしての側面もあるが、メインの魅力は明らかに2人のヒューマンドラマにある。当初はぶつかり合っていた2人は、さまざまな窮地を乗り越える過程でお互いを信頼するようになっていき、最終的にジョエルはエリ―の死によって得られる寄生菌のワクチンを諦め、エリーと共に生きていくことを決断する。ワクチンを作ろうとしていた医師たちを虐殺しながら


画像

 2人の旅が続くことを期待したファンは多かったはずだが、「Part II」では物語の冒頭でジョエルが殺される。前作で鬼のような強さを見せつけていたジョエルは、複数人に囲まれ、至近距離から膝をショットガンで打たれ、ゴルフクラブで顔面をメッタ打ちにされる。

 このとき、画面にはNaughty Dogならではの完成度の高いグラフィックで、膝がえぐりとられ、殴られてゆがんだ顔となった血まみれのジョエルが映る。エリーはジョエルが拷問される場にたどり着くが、敵に押さえつけられてしまう。エリ―は無残な姿となったジョエルを見て「殺さないで」と懇願するが、聞き入れられることはなく、ゴルフクラブで頭部を潰されたジョエルはそこで絶命する。

 目を覆いたくなるような映像の臨場感も見事だが、特に胸を打ったのはエリー役を演じた潘めぐみさんの演技だった。ゴルフクラブが振り下ろされた瞬間の怒りと悲しみを込めた叫びはあまりにも恐ろしく、痛ましく、悲しい。凄惨なシーンには耐性があると思っていた筆者でも、できれば二度と見たくないシーンだ。


画像

 多くの「Part II」を楽しみにしていたプレイヤーにとって、ジョエルの死は予想外だったに違いない。なぜなら、「Part II」でもジョエルとエリーの旅が続くかのような映像が発売前に発表されていたからだ。凄惨な展開はもちろんだが、この狡猾にミスリードを狙った映像を見ていたからこそ、ジョエルの死は受け入れがたく、衝撃的なものになったといえる。なお、この“フェイク”に関しては批判的な意見もあるが、その意外性を評価しているプレイヤーもいる。

 だが、前作を感情移入しながらプレイし、エリーとジョエルの幸福を願っていた人ほど、ジョエルの死は受け入れがたいものだっただろう。

アビーを操作させることで伝えたかったものと、自傷行為的な構造

 プレイヤーが操作するのは、前作から登場するエリーと、ジョエルを殺した張本人であるアビーの2人。アビーは前作でジョエルが殺した医師の娘であり、ジョエルへの復讐を強く望んでいた。


画像

 ジョエルの死をきっかけにアビーとエリーは敵対することになるが、復讐の原動力となる背景はほぼ同じと言っていい。2人とも父性を失い、敵を強く憎んでいて、復讐のためなら手段を選ばない残酷さも持っている。プレイヤーは敵対している両者の目線からプレイすることになるが、これは憎悪の対象をプレイヤーの分身だったエリーやアビーに向けなければならなくなることを意味する。斬新ではあるが、なんとも自傷行為的な構造でもある

 正直に言えば、筆者もアビーを好きにはなれなかった。ジョエルとエリーに愛着を持ったプレイヤーにとって、アビーは急に現れた敵キャラにすぎないのだから、それを急に操作させられたところで感情移入など簡単にはできない。中盤以降長らく続くアビーのパートは、退屈でこそなかったがどこか憎しみをもって操作していた

 だがアビーの残虐行為は、ジョエルとエリーが散々繰り返してきたことでもある(アビーの方が慈悲のある選択をしているようにすら思う)。アビーの視点は、エリーとジョエルを愛するプレイヤーたちに対して「エリーたちがやってきたことはこういうことだ」「エリ―が死んでワクチンを作っていれば、こんなことにはならなかった」という胸糞が悪すぎる現実を示唆してくる。

万人受けを狙わなかったからこそ

 グラフィック・音楽・操作性などが圧倒的に優れていることはもちろんだが、ファンから嫌われる可能性を覚悟して今回のストーリーを採用したこともあえて評価したい。

 繰り返しになるが、否定的な意見が目立ちがちな「Part II」だが、今作のストーリーを高く評価する人は非常に多く「『The Last of Us』と匹敵するほどの傑作」との評価も少なくない。だが、これがもし万人受けを狙った無難なストーリーであれば、否定的意見こそ減るだろうが”極端に高い評価”を得ることも難しかったかもしれない。

 前作でジョエルとエリ―は希望に向けて行動していたが、今作は余りにも暗く、残酷で、目的を達成しても救いはない。エリ―とアビーは、暴力がまた別の暴力を生むこと理解した上で、平穏な生活を謳歌する権利も捨て去り、自分も傷つくことを理解した上で復讐に向かう。胸糞は悪いし、物語は1本道だからプレイヤーの選択でハッピーエンドにさせてあげることもできない。だが、だからこそ生まれる面白さもあった


画像

 「Part II」において“評価されている点”と“批判されている点”は表裏一体だ。ジョエルの死も、エリーの怒りも、アビーが突きつける胸糞悪い現実も全てつらい。エリ―にもアビーにもお互いを憎む心があるが、同時に慈悲もある。2人は相手の仲間の命を奪い、また奪われ、復讐を誓いながら、さらなる復讐を恐れている。

 2人の行動は矛盾しているようにも見えるし、この物語に根っからの善人など1人もいない。こういった暗いストーリーは「Part II」が批判される要因になっているが、同時にその暗さこそが多くの人の感情を揺さぶり、「Part II」を絶賛する原動力になったのだ。だからこそ、この物語は賛否両論となることから逃れられなかったのだろう。

 Naughty Dogは、偉大なる1作目に続編を作るというチャレンジをして、結果的に賛否を呼んだ。筆者は本作に対して“賛”の立場だが、もし「Part III」を作るのなら、「Part II」を上回るような挑戦をしてほしいという気持ちもあるし、エリ―の物語はここで終わってほしいという気持ちもある。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評