ニュース
» 2020年08月21日 07時00分 公開

浸水の被害をARで疑似体験 ウェザーニュースアプリの新機能で“もしも”に備えよう

神奈川歯科大学の板宮朋基教授が開発した「Disaster Scope」を活用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ウェザーニュースのau向けAndroidアプリに、新機能「AR浸水シミュレータ」が追加されました(※)。カメラで写した風景に浸水の状況を重ねて表示し、身の回りの浸水リスクを把握できます。

※利用にはGoogleのAR Core対応端末とauMarket版「ウェザーニュース」、auスマートパス会員用の「AR浸水シミュレータ」アプリが必要。iOSや他キャリアへの展開も予定


AR浸水 もしも今いる場所が水害に遭ったら被害はどの程度か、AR(拡張現実)でシミュレート

 神奈川歯科大学歯学部の板宮朋基教授が開発した「Disaster Scope」(関連記事)を活用した機能。目の前の風景が浸水した状況を、AR(拡張現実)技術で再現します。設定で浸水の深さは10センチ単位で調整可能。水流や水の色まで指定し、浸水の状況をリアルに体験できます。

 想定しうる最大規模の降雨によって河川が氾濫した際の状況をシミュレートする機能も。ユーザーの位置情報と、国土交通省発表の洪水浸水想定区域データをもとに、現在地で想定される浸水の深さを画面上の景色に表示します。


AR浸水 銀座駅周辺でのシミュレート。豪雨災害時の浸水は50センチと想定されている

AR浸水 浅草駅周辺のシミュレートでは、浸水は1メートルにも

 自宅や勤務先が水害でどの程度まで浸水するかが実感できるので、事前に家財道具や商品を移動したり、避難経路を検討したりと活用可能。もしもの備えに役立ちそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響