ニュース
» 2020年08月21日 07時00分 公開

浸水の被害をARで疑似体験 ウェザーニュースアプリの新機能で“もしも”に備えよう

神奈川歯科大学の板宮朋基教授が開発した「Disaster Scope」を活用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ウェザーニュースのau向けAndroidアプリに、新機能「AR浸水シミュレータ」が追加されました(※)。カメラで写した風景に浸水の状況を重ねて表示し、身の回りの浸水リスクを把握できます。

※利用にはGoogleのAR Core対応端末とauMarket版「ウェザーニュース」、auスマートパス会員用の「AR浸水シミュレータ」アプリが必要。iOSや他キャリアへの展開も予定


AR浸水 もしも今いる場所が水害に遭ったら被害はどの程度か、AR(拡張現実)でシミュレート

 神奈川歯科大学歯学部の板宮朋基教授が開発した「Disaster Scope」(関連記事)を活用した機能。目の前の風景が浸水した状況を、AR(拡張現実)技術で再現します。設定で浸水の深さは10センチ単位で調整可能。水流や水の色まで指定し、浸水の状況をリアルに体験できます。

 想定しうる最大規模の降雨によって河川が氾濫した際の状況をシミュレートする機能も。ユーザーの位置情報と、国土交通省発表の洪水浸水想定区域データをもとに、現在地で想定される浸水の深さを画面上の景色に表示します。


AR浸水 銀座駅周辺でのシミュレート。豪雨災害時の浸水は50センチと想定されている

AR浸水 浅草駅周辺のシミュレートでは、浸水は1メートルにも

 自宅や勤務先が水害でどの程度まで浸水するかが実感できるので、事前に家財道具や商品を移動したり、避難経路を検討したりと活用可能。もしもの備えに役立ちそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2009/16/news014.jpg “1日10リットル尿が出る病気”にかかった実録漫画が壮絶 「体が砂漠」「水分とトイレしか考えられない廃人化」
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2009/17/news011.jpg 4歳児とは思えない……! 言葉巧みにレディを誘う幼児の実話漫画にやられる人続出 「ホイホイついていっちゃいそう」
  4. /nl/articles/2009/15/news124.jpg プロテインバーに虫が混入か 「大量の虫が生きたまま出てきた」動画が拡散、マイプロテインは「健康へのリスクない」
  5. /nl/articles/2009/16/news134.jpg SODが本気出してきた! セクシー女優と飲める“大人のテーマパーク”「SOD LAND」が歌舞伎町にオープン
  6. /nl/articles/2009/17/news061.jpg 「ファイナルファンタジー16」PS5で発売決定! PS5で描かれる「クリスタルの加護を断ち切るための物語」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2009/17/news012.jpg 「時計の針が進まない」単純作業の大変さ…… 日払いバイトの体験談漫画に「裏にはこんな労力が」「めっちゃわかります」
  9. /nl/articles/2009/16/news164.jpg 食材の保存方法をまとめた旭化成「冷凍・解凍チャート」が超絶便利で話題 「印刷して冷蔵庫に貼る」「攻略Wikiだ」
  10. /nl/articles/2009/17/news094.jpg 「私の肩で寝てたね!」 浜辺美波、居眠り動画で橋本環奈が想起 初対面でのかわいい失態を暴露されてしまう