ニュース
» 2020年08月25日 11時30分 公開

東京オリンピック・パラリンピック「中止すべき」が4割超 多くの人が感染拡大防止を強く意識

8月半ばの意識調査で、今なお強い感染への不安が明らかに。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 「東京オリンピック・パラリンピックの2021年夏開催」「新型コロナウイルス感染予防/外出自粛と経済活動の再開」などについての政治意識を、 選挙ドットコムを運営するイチニが調査しました。

 調査結果からは、4割を超える人が、来年に延期された大会の開催を危ぶんでいることなどが明らかになっています。


意識調査 延期したオリンピック、無事開催できそう?

 調査対象は、電話調査と、スマートフォンアプリ(Gunosy)のダウンロードユーザーを対象に行ったアンケート調査に回答した2041人。最近のできごとに関する質問で、有権者の政治意識を探りました。

オリンピック、開催するべき?


意識調査 7割近くの人(中止+再延期)、来年の開催をも危ぶんでいる

 まずは、2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催について、予定通り開催すべきか、再延期すべきか、中止すべきかを質問しました。

 インターネット調査では「中止すべき」が最も多く46.5%、次いで「再延期すべき」が23.3%、「わからない」が16.5%。最も少ないのが「予定通り開催すべき」が13.7%でした。

 電話調査でも、「中止すべき」が最も多い43.7%で、「再延期すべき」が24.2%、「予定通り開催すべき」20.2%、「わからない」11.9%と続いています。

 どちらの調査でも、「中止すべき」が他の選択肢を大きく上回る結果となっています。

感染予防と経済活動、どちらを優先?


意識調査 インターネットでも、電話でも約5割の人が感染予防を優先

 また、外出自粛が続く中、飲食店や小売業の売り上げ減少などによる不況が懸念されることから、「今後、感染予防のための外出自粛と経済活動、あなたはどちらを優先するべきと思いますか?」という質問も。

 インターネット調査では「外出自粛を継続して、感染予防を優先すべき」が最も多く48.0%、「どちらとも言えない」30.2%、「外出自粛を解除し、経済活動の再開を優先」12.9%が続きました。

 電話調査では「外出自粛を継続して、感染予防を優先すべき」の割合がさらに多く、53.9%と半数を超えました。「どちらとも言えない」が27.5%、「外出自粛を解除し、経済活動の再開を優先」が14.3%という結果になりました。


 どちらの質問の調査結果からも、まだまだ多くの人が感染拡大防止を重視していることがうかがえます。

 イチニではこの他にも、新型コロナウイルス感染症対策への評価や、次の首相にふさわしいと思う人物についての調査も行っています。

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる