ニュース
» 2020年09月01日 19時00分 公開

「こ、小屋が激坂を登っていく」「マジかこれ!?」 米国の銀行員が作ったケーブルカーが超キュート (1/2)

駅舎もかわいく電話ボックスっぽい〜。街の観光名所です。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 「こ、小屋が激坂を登っていくぞ」……!! 米国のある都市に、とてもキュートなケーブルカーがあります。

鉄道 YouTube 海外 ケーブルカー アメリカ 小型で急勾配、そしてレトロな「小屋」のようなデザインのフェネロンプレイスエレベーター(YouTubeより

 動画を投稿したのは米国のYouTuber・Traveling Tom氏。アイオワ州ダビュークにあるケーブルカー「フェネロンプレイスエレベーター(Fenelon Place Elevator)」を紹介しています。

 フェネロンプレイスエレベーターは、ダビュークの市街地にあるケーブルカー。“車両っぽくない”小屋のようなデザインの車両が超急坂をグイグイ登っていく変な感覚、そしてレトロ感と相まって、何だかとてもオシャレです。丘の上に住んでいた銀行員の方が、ふもとの職場との往復のために建設したものなのだそうです。

 稼働は1882年と歴史あり。元は個人用でしたが、丘の上に住む住民も運ぶようになり、今ではダビュークの観光名所になりました。なおフェネロンプレイスエレベーターは世界で最も急勾配かつ短距離のケーブルカーであることをアピールしていますが、同様の主張を行っているケーブルカーは世界各地にあるようです。本当の世界一が決まるまではまだ時間がかかりそうです。

鉄道 YouTube 海外 ケーブルカー アメリカ こちら側から見ると列車の客車風。「斜め」具合で勾配のきつさが分かる。(YouTubeより

 動画は、ふもとの駅(?)から乗車してはじまります。電話ボックス近い見た目の駅に、小屋のような見た目のケーブルカーが停車しています。

 車内に乗務員はいません。乗客は車内のベルを鳴らして合図を送ります。しばらくするとケーブルカーが動き出して、坂を登っていきます。

鉄道 YouTube 海外 ケーブルカー アメリカ ふもとの駅は、電話ボックスというか、地方のバス停(小屋付き)というか。ケーブルカーの駅とは気づかないかも(YouTubeより

 それにしてもすごい険しい坂です。途中で対向するケーブルカーとすれ違いながら、2分ほどで山頂の駅に到着します。乗車料金は山頂駅で降りるときに支払います。

 レトロな見た目ながら、ケーブルカー山頂駅の雰囲気もかなりある山頂駅から、ダビュークの美しい景色を見渡せます。これはいい景色……!

鉄道 YouTube 海外 ケーブルカー アメリカ 山頂駅に到着(YouTubeより
鉄道 YouTube 海外 ケーブルカー アメリカ ケーブルカー山頂駅から見たダビュークの景色(YouTubeより

 動画には「小屋が動いている」「頂上からの街並みが素晴らしい」などのコメントが寄せられています。

 フェネロンプレイスエレベーターは老朽化が進行していて、将来を不安視するファンもいます。気になる方は早めの乗車をおすすめします。乗ってみたいですね!



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10