ニュース
» 2020年09月03日 07時00分 公開

マイクロソフト監修のアプリも搭載 タカラトミーからキッズパソコン「スピカノート」

松丸亮吾さん監修「ナゾトキ」のアプリや、ECC英語監修の英語学習アプリ、マイクロソフト監修のパソコンスキルアプリなどを搭載。

[谷町邦子,ねとらぼ]

 タカラトミーが10月1日、キッズパソコン「スキルアップ タブレットパソコン スピカノート」を発売します。価格は税別1万8000円です。


スピカノート スキルアップ タブレットパソコン スピカノート(税別1万8000円)

 「ナゾトキ」で知られる松丸亮吾さん監修「東大松丸式ナゾトキアドベンチャー」、ECC英語監修の英語学習アプリ、Word・Excel・PowerPointが体験できるマイクロソフト監修のパソコンスキルアプリなど、70種類のアプリ、145種類のメニューを搭載しています。

 タブレットを操作する機会が多い子どもでもなじみやすいパソコンとタブレットの2WAYタイプで、約3時間連続使用可能の充電式です。


スピカノート 付属のペン

 「東大松丸式 ナゾトキアドベンチャー」(全6種50問)はナゾトキを通してひらめきなどの思考力を育みます。ナゾトキが進むと秘密のアプリが登場するといった仕掛けも。


スピカノート ナゾトキアドベンチャーで表示される5つの不思議な地図

 「ECC英語監修 英語学習アプリ」(全15種)では、お手本を真似する発音練習や発音すると進行するゲームなど、音声認識機能を活用したスピーキング学習が可能。音とつづりの規則「フォニックス」が学べるゲームも入っています。


スピカノート 英語を話す力をつける機能が充実

 「パソコンスキル マイクロソフト監修アプリ」(全17種)は、文章入力、表計算、プレゼンテーションといったOfficeに似た機能が「タイピングクレーンゲーム」「じかんわり」「プロフィール」などのメニューで体験できます。アプリで作成したデータはJPEGで保存可能。フォルダに入れたり、別売りのマイクロSDカードに保存したりすることもできます。


スピカノート 文章入力機能でオリジナルのグリーティングカードが作れます


スピカノート 表計算で「じかんわり」づくり


スピカノート プレゼンテーションには本体のカメラで撮影したオリジナル画像の挿入が可能

 そのほか、ナゾトキ・英語学習・パソコンスキル・ゲームプログラミングを進めていくことで、さまざまな職業アバターを獲得し、職業についての知識を得られる「マイルーム」や、あこがれの職業を体験できるゲームやお絵かき機能、イン・アウトカメラを搭載した「ゲーム・アート・カメラ」(全24種)、自分でキャラクターのイラストや動きの速さ、ゲームのスコアを設定してオリジナルのゲームをデザインできる「ゲームプログラミング」(全8種)が搭載されています。


スピカノート 職業アバター「カメラマン」をゲット!


スピカノート 「しょくぎょうずかん」で獲得したアバター「えいぞうクリエイター」を確認


スピカノート 静止画も動画も撮れます(これは静止画)


スピカノート 自分で設定したイラストデザインが動く! ワクワクしますね

 取り扱いは全国の玩具専門店、百貨店・量販店などの玩具売場、インターネットショップ、一部の書店、タカラトミーの公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」など。

 子どもがゲーム感覚で思考力やパソコンスキル、英語力をつけられるよう作られた「スピカノート」ですが、アプリや機能がすごく充実していて、大人も遊びたくなってしまいそうですね。


スピカノート 子どものためだけなんて、もったいない!?

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.