ニュース
» 2020年09月21日 18時40分 公開

クレしん映画の新たな傑作「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」レビュー 「オトナ帝国」「戦国大合戦」と単純比較するべきではない理由(2/4 ページ)

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 そこからさらに4年が経ち、「激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」を作る上で、近藤慶一プロデューサーは「ここでぶりぶりざえもんを出さなきゃいつ出すんだ!」と訴え、神谷浩史の声のぶりぶりざえもんが映画でも初登場することになった。

 6作目「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」でのぶりぶりざえもんの大活躍を知っている者にとってもうれしいことは間違いないし、その「私は常に強い者の味方だ」というセリフに代表されるずるさや情けなさも健在だ。


「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が「戦国大合戦」「オトナ帝国」と単純比較するべきではない傑作の理由 画像は予告編より

 何より、神谷浩史の“妙に良い声”がぶりぶりざえもんに絶妙にハマっていて、そのシリアスさとのギャップのあるギャグシーンにゲラゲラ笑えるという、最高の演技を見せている。改めて、ぶりぶりざえもんが愛すべきキャラクターであることに気付けるだろう。 ちなみに、本作にはSNSやタブレット端末も登場し、ぶりぶりざえもんの「救い料100億万円、ローンも可」というおなじみのセリフにも、現代らしいとあるアップデートが加えられていた。ぜひ、聞き逃さないようにしてほしい。


3:しんのすけが単独で主役となった

 近藤慶一プロデューサーは、実際に本作で原点回帰の気概を込めて、「しんのすけが単独で主役の映画を作ろう」と考えていたそうだ。

 クレしん映画では、野原一家やかすかべ防衛隊というチームが全編で活躍することが多い。また、22作目「ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」ではひろしが、27作目「新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」ではみさえがほとんど主人公のようになり、そのことも新たな魅力をもたらしていた。

 しかし、近藤プロデューサーは「初期作を改めて観ると、しんちゃんにはしんちゃんにしかない良さもある」と考え、しんのすけ1人を真ん中に据え、他のメインキャラクターは新たなキャラクターで動かそうと考えたという。実際に、しんのすけが今回で冒険を共にするのは、ぶりぶりざえもんとニセななことブリーフ、そして途中で出会う少年のユウマというゲストキャラクターなのである。


「映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者」が「戦国大合戦」「オトナ帝国」と単純比較するべきではない傑作の理由 画像は予告編より

 この作劇で思い出すのは、4作目「ヘンダーランドの大冒険」だ。しんのすけはかすかべ防衛隊の力を借りておらず、みさえもひろしもいない状態で、1人で敵地に乗り込み、トランプの魔法で呼び出したアクション仮面、カンタムロボ、ぶりぶりざえもんというヒーローたちと共に戦うのだから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」