静岡駅「幕の内弁当」(880円)〜静岡の幕の内が“今川義元”掛け紙にリニューアル!

» 2020年09月23日 09時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年9月8日)

駅弁 373系電車・特急「ふじかわ」、東海道本線・清水〜興津間

静岡を発った特急「ふじかわ」号が、清見寺(せいけんじ)を横目に甲府を目指します。

清見寺は戦国大名・今川義元の軍師、太原雪斎が復興させた今川家ゆかりのお寺。

雪斎は、義元と共に甲斐の武田信玄、相模の北条氏康との甲相駿三国同盟を提案し、戦国時代における、富士山周辺の和平に貢献しました。

静岡と甲府を結ぶ「ふじかわ」の旅では、最初のハイライトと言ってもいいでしょう。

(参考)静岡市ホームページほか、

駅弁 駿府城公園(2019年撮影)

室町将軍家・足利氏の一門だった今川氏は暦応元(1338)年、駿河国守護に任じられた初代・範国から10代氏真まで、駿河に加え、最盛期は遠江、三河も領国としました。

拠点としていた今川館は、現在の駿府城公園の周辺にあったと考えられており、近年行われた駿府城公園の発掘調査でも、今川時代のものが見つかっています。

昨年(2019年)には、今川義元公生誕500年に合わせ、今川復権まつりも行われました。

駅弁 幕の内弁当
駅弁 幕の内弁当

この「今川義元公生誕500年」の取り組みに合わせて、静岡駅弁「東海軒」の名物「幕の内弁当」(880円)の掛け紙が、令和2(2020)年4月3日から変わっています。

にらみを利かせた「今川義元公」のデザインを提供したのは、「駿河凧 凧八」。

伝統ある「駿河凧」は、義元公の勝ち戦を祝い、家臣たちがつくって凧を揚げたのが始まりと伝えられており、より静岡らしい駅弁の掛け紙となりました。

駅弁 幕の内弁当

【おしながき】

  • ご飯
  • 鯖の塩焼き
  • 蒲鉾
  • 玉子焼き
  • チキンカツ
  • 海老フライ
  • 煮物(鶏肉団子、筍、豚肉ほか)
  • 中華煮
  • うぐいす豆
  • わさび漬け
  • 桜漬け
駅弁 幕の内弁当

10種以上のおかずをたっぷり楽しめる東海軒の「幕の内弁当」。

鯖の塩焼き、蒲鉾、玉子焼きの幕の内「三種の神器」が入った基本に忠実なつくりです。

中年以上なら、昔の“大垣夜行”で、深夜の静岡駅で買い求めた記憶も大きいですね。

とくに脂がのった鯖の塩焼きは白いご飯とよく合いますし、静岡らしい「わさび漬け」を少しずつおかずに付けてアレンジしながら、大人の味を楽しめるのも嬉しいものです。

駅弁 以前の幕の内弁当(2018年撮影)

さて、リニューアルまで約30年にわたって使われた以前の掛け紙はというと……?

菱の家紋が見えることからもわかる通り、何と! 武田信玄公でした。

東海軒によると、信玄公を選んだのは、当時大河ドラマで人気を集めており、担当者の方が清水市(現・清水区)出身で、清水は信玄公ともゆかりが深いことによるそう。

駿河・甲斐の隣接する地域では、今川・武田の双方の影響を受けたことが伺えます。

駅弁 373系電車・特急「ふじかわ」、身延線・稲子〜十島間

身延線に入った特急「ふじかわ」が、静岡県から山梨県に入って来ました。

富士川対岸の集落には、いまも「塩出(しょで)」という地名が残る、かつての甲駿国境。

海が当たり前の駿河と海を渇望する甲斐の間には、江戸時代に富士川水運が開かれ、人やものの交流が盛んに行われることが、地域に穏やかな暮らしをもたらしてきました。

水運に取って代わった身延線を走る373系電車は、10月1日でデビュー25年。

この秋は、富士川を眺めながら、今川・武田の戦国武将に思いを馳せて、掛け紙がリニューアルされた静岡の幕の内弁当をいただいてみてはいかがでしょうか。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」